何歳になっても冒険したい

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。いよいよ来週15日にその発売が迫りました、ポケットモンスターシリーズ最新作「ソード&シールド」。僕はamazonにてシールドを予約済みなので、あとは発売日にお家に届くのを待つだけです。便利な世の中になったもんだ。

 

この年齢になってもポケモンは辞めらんないですね。僕は一応これまでの全地方を冒険しています。厳選しまくって対戦に精を出すガチ勢ではありませんが、とにかくストーリーをやるのが好きで、思い出したときに過去作を最初からにして殿堂入りまでやり直しています。

 

昨今のポケモンは割とストーリーにも力を入れていますが、それでも他のRPGタイトルと比較して、特段凝ったストーリー展開が繰り広げられるわけではありません。だけど、なんでこんなに面白いのか。少し考えてみました。

 

一つとしては、分かりやすくヒーローになれる作品だからだと思います。地方を隅々まで巡り、悪の組織と戦って世界の危機を救い、やがてチャンピオンになる。実に単純明快。しかしそれが良い。

 

もう一つは、プレイするたびに代わるパーティメンバーにあるでしょう。これは単に使うポケモンが変わるからというワケではなく、ポケモン一体一体に個性が生まれるからだと思います。

 

詳しいことまでは知らないのですが、ポケモンの能力には「種族値」「個体値」「努力値」の3つが関わっており、さらに性格、技構成もきっと違う。これらの要素を合わせるとたとえ同じピカチュウであっても、同じピカチュウはいないわけになります。

 

【軽く豆知識】

種族値:その種族特有の能力。鳥は空を飛べるし、魚は水の中を泳げるという感じ。

個体値:各個体に備わる独自の能力。同じ人間でも、AさんはBさんより足が早い……等々。

努力値:その個体が積み重ねてきた努力の種類と量。CさんはDさんと比べ、上腕二頭筋のトレーニングを重点的に重ねた……みたいな。

 

これらの要素+妄想を組み合わせると、あら不思議。同じストーリーを追っているはずなのに、全く違った印象の物語が生まれます。厳しい戦いを乗り越えたポケモンへの思い入れは強くなるというもの。個々人によって好きなポケモンが変わってくるのも当然よ。

 

ちなみに僕が好きなポケモンはベトベトン、好きな技はメロメロです。ベトベトンは見た目が好きな所から、バトルでの頼りがいに惚れ込み、メロメロは当時クリスタルをプレイしていた際、対ワタル戦で絶体絶命の状況から逆転の一手となった技なので。特にメロメロは後のシリーズでも、「技スペース残り一つ、どうしようかな~」となると、大体の確率でメロメロを入れちゃいます。

 

ソード&シールドではどんなポケモンに出会えるでしょうか。バチクソに楽しみです。

 

0PEOPLE