【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】麺や真玄 / 赤辛油そば

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。10月突入。1年の4分の3がこれで終了してしまったことになります。早い。早すぎる。とてもついていけない。しかし負けずにしがみつくため、赤い麺を食って英気を養いましょう。

 

というわけで今回訪れたのは麺や真玄さん。豊富すぎるメニューと手厚すぎるサービスで、一瞬にして僕のハートと胃袋を鷲掴みにしてくれたニクイお店です。

 

色々と目星は付けてありましたが、その中から今回僕が注文したのは……。

 

赤辛油そば 780円

 

赤い油そばにしてみました。当然無料の特盛にしてます。

 

油そば系を頼むと、このように調味料やトッピングの数々もオマケで貰えます。全て確認したわけではないのですが、唐辛子タバスコ醤油酢ソースケチャップ……等々、思いつく調味料が一通り入ってる感じですね。コイツで自分好みの味にカスタマイズできちゃいます。君だけの一杯……作りたくない?

 

照明の色合いで分かりにくくなってますが、割と赤めな色合いです。辛さとしてはヒリヒリ系です。タレがドロドロなのであまり跳ねることはなく、したがってそこまでむせることもなく食べきれます。

 

下手な油そばで嫌なのが、後半になると味に飽きてしまうというとこですが、これは味をほどよい濃さに抑えてあって、しつこくもありません。止まることなくズルズルといけました。

 

麺は歯ごたえのある角切り中細麺です。コイツがどろりとよくタレに絡みます。甘めの味付けのチャーシューを、食べきることなく。3分の1くらい残しておきます。何故かというと。

 

 

追い飯があるからなんだよな~~~!

 

先のトッピングにマヨネーズがあったので、そいつを少しばかり投入しました。これがマズいわけないんだよなあ。

 

白飯、マヨネーズ、油そばのタレ、そして先ほど少し残しておいたチャーシューをほぐして混ぜます。そして一気にかっこむ! 美味い! 美味い! 美味い!!

 

やっぱこれなんだよなあ。このジャンクな感じがたまんねえんだよなあ。ご馳走様でした。また来ます。

 

 

0PEOPLE