漫画「ドラゴンボール」 僕の心に残る名セリフ6選

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。先日ネット世界を放浪していたところ、こんな記事を見つけました。

 

せりふ回しが天才的なジャンプ漫画ランキング – ニコニコニュース

 

セリフ回しが天才的なジャンプ漫画ランキング! という内容の記事。まあぶっちゃけランキングを見ると有名作品を並べただけ……という印象もありますが、僕の目に留まったのはランキング1位の「DRAGON BALL」ですね。

 

思い出すのは小学1年生の頃。当時住んでいた地域にあった公民館には、漫画がたくさん置いてありました。そこで夢中で読んでいたのがドラゴンボール。今も変わらず、僕の一番好きな漫画です。

 

あまりセリフをフィーチャーされることはありませんが、鳥山明先生のシンプルでスマートなセリフはとっても魅力的です。というワケで、今日は僕の好きなドラゴンボールの台詞を紹介していきたいと思います。

 

① ベジータと悟空の問答

「…………おかげで

いまはいい気分だぜ…」

「………………ほんとにそうか?」

 

バビディにわざと操られたべジータと悟空の会話。「地球に染まっていく自分が許せなくて、昔の残忍な自分に戻りたかった」と吐露するベジータ。

 

それを受けてニヤリと笑いながら言う悟空のセリフが簡潔だけどカッコいいんですよね。本当のことを見抜いているという感じで。

 

悟空は単なる能天気な天然主人公という感じではなくて、どこか仙人のように達観しているというか、浮世離れしているというか、平たく言えば人間味が薄い部分があるんですよね。それがまた悟空というキャラクターの魅力でもあるんですが。

 

 

② フリーザと悟空の問答

「えらそうなことをいいやがって……

きさまらサイヤ人は罪のない者を殺さなかったとでもいうのか?」

「だから滅びた……」

 

続いてはフリーザとのやり取り。「だからお前も滅びるんだぞ」という意(だと僕は思ってます)の返答を、非常にスマートに表現してくれています。

 

先の問答と合わせて考えると、悟空は哲学者なんか? と思ってしまうような達観ぶりですね。特にスーパーサイヤ人初期の悟空は普段の甘さが消え、リアリストとしての一面を色濃く見せてくれます。

 

 

③ フリーザ最期の叫び

オ…オレは宇宙一なんだ……!!

だから……だからきさまはオレの手によって死ななければならない…!!!!

オレに殺されるべきなんだーーーーーっ!!!!!

 

こちらはフリーザの最期の叫び。ボロカスにやられて、体真っ二つになって、惨めに命乞いをして情けをかけてもらってのこれです。

 

フリーザという敵キャラの強烈なエゴと、器の小ささが現れていて、凄く好きですね。余裕がある時のフリーザ様は意外にも良い上司であると、ネット世界でもよく言われているんですが。やっぱり人間追い詰められた時に本当の自分というものが出てしまいますよね。

 

④ 悟空のプロポーズ?

じゃ ケッコンすっか!

 

こちら有名な悟空の結婚決定シーンです。軽っ! 人生に関わる大事な決定をこんなに軽いノリで決めてしまうところが悟空ですよね。上でも言いましたが、本当に浮世離れしているというか。悟空というキャラを表すセリフだと思います。

 

⑤ 砂漠のハイエナだったころのヤムチャ

ほう なるほど…

きさまらそんなに天国を旅行したいのか…

 

まだトガッていたころの若き日のヤムチャ。なんなんでしょうね。この、キメにいっているハズなのにそこはかとなく香るヘッポコさというか、ダサさというか、三枚目感というかなんというか……。

 

ヤムチャというキャラクターのその後の運命も表しているようなセリフだと思います。僕凄いこれ好き。

 

⑥ 亀仙人の教え

武道を習得するのはケンカに勝つためではなく

ギャルに「あらん♡あなた とってもつよいのね~ウッフーン」と いわれるためでもない!

武道を学ぶことによって心身ともに健康となり

それによって生まれた余裕で人生をおもしろおかしくはりきって過ごしてしまおうというものじゃ!

 

最期は亀仙人が武道について弟子である悟空とクリリンに対して説いた一文。軽いノリで言っておりますが、何気に深い言葉だと思います。亀仙人は本当にいい師匠ですね。理想の師匠ランキング第一位。

 

 

……という感じでした。ドラゴンボールという漫画は、そこまで凝ったストーリー展開や人間模様が繰り広げられるわけではないですが、シンプルな中にも心に響くセリフはあるものです。

0PEOPLE