溢れ出るパトスを形にしてみた

どうも……新人営業ぬまじり(2年目)です……。あぁ……苦しい、苦しいぜ……! 俺の中で暴れてるんだ……、“言葉”たちがよォ……!

 

いやまだ”言葉”にすらなってない、ドロドロした“何か”だ……! 俺はこの“何か”に仮初の“言葉”を与えて送り出してやるんだ……! そうしねえと、そうしねえと、俺の中で蠢く“何か”に俺が食いつぶされっちまうんだ……! そしてもう日常生活にネタがねえから、自らの中から絞り出すしかねえんだ……!

 

業 -カルマ-

 

この世に闇があるのなら 人の心の中にある

 

我らは生まれいでた時 闘争の宿命を背負うのだ

 

70億の闇の種が 世界を覆ってしまわぬよう

 

母なりし

 

一人の男がいた

 

一人のギャルがいた

 

二人は並んで座っていた

 

そこしか腰を落ち着ける無かったからだ

 

しかしその時、ギャルの隣に一人分の空間が空いた

 

ギャルは何も言わず、男との間に一人分の空間を開けた

 

男は涙を流した

 

何故泣いているのかは分からなかった

 

男の涙は止まることなく流れ続けた

 

涙はやがてギャルを飲み込み、そして男すらも飲み込んだ

 

時が流れ、世界の7割は男の涙に飲み込まれた

 

残った地表に住む人々は男の涙を”海”と名付けた

 

あとがき

 

こんなくだらない内容を考えるのに小一時間程を弄してしまいました。反省します。

 

0PEOPLE