【14th~15th】スピッツを聞こう! ~全アルバムをご紹介~⑩

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。長々ダラダラと続けてきたこの企画もいよいよ最後までたどり着きました。長かったね。今日で現行の最新アルバム「醒めない」までをとりあえずサラッと紹介することになります。いきましょう。

 

14th album「小さな生き物」 2013年9月11日発売

 

14番目のアルバムはその名も「小さな生き物」。あの東日本大震災を経てからの最初のスピッツアルバムです。アルバムを通しての雰囲気も、未曽有の大災害の影響を感じさせるものになっております。自然の力への無力感だったり、復興への祈りだったりですね。

 

アルバムをサラッと聞いた印象では、爽やかにまとまった良くも悪くもいつものスピッツという感じを受けそうですが、前作「とげまる」と比較すると、そういうメッセージ性のある歌詞が随所に現れるのが分かります。

 

ちなみに今作はスピッツ史上初の試みとして、複数形態での発売がなされました。その理由として、「次にアルバムをリリースする時に、CDがあるのか分からない時代になっているので、残せるものは残しておこうと思った」という旨が語られています。

 

僕たちは小さな命ですが、生きていますし、これからも生きていく、という、未来への希望やエネルギーが込められたアルバム……だと思っています。

 

初心者オススメ度:★★★

 

オススメ曲:「未来コオロギ」「潮騒ちゃん」「僕はきっと旅に出る」

 

15th album「醒めない」 2016年7月27日発売

 

そして現行の最新アルバム、「醒めない」です。ようやくここまでたどり着きました。発売は2016年。その翌年はスピッツ結成30周年イヤーということで、このアルバムがそのアニバーサリーイヤーへの開幕! という感じです。

 

表題曲はアルバムタイトル同じく「醒めない」。結成してから長い時が経ちましたが、まだまだロックへの情熱は醒めてねえぞ! とということを改めて宣言するような一曲となっています。

 

長年のファンからの評判も良く、控えめに言って名盤、いや神盤。最初に聞いたとき、なんというかシンプルにカッコいい! という印象を受けました。

 

収録曲を聴くと、ここにきてこんなに新しい曲を作ってくるか! という思わさせられます。「子グマ! 子グマ!」や「ヒビスクス」等は、これまでのスピッツにあまり見られなかったような曲達です。飽くなきロックへの探究心は未だしっかりと彼らの胸の中にあります。

 

ちなみに、ジャケットにいる謎の生き物が、収録曲の1つ、「モニャモニャ」の正体らしいですよ。

 

初心者オススメ度:★★★★★

 

オススメ曲:「子グマ! 子グマ!」「ハチの針」「ヒビスクス」

 

まとめ

 

というワケで総まとめ。僕が初心者にオススメしたいスピッツのアルバムは、「ハチミツ」「さざなみCD」「醒めない」の3つ。ほか、僕個人が好きなアルバムは「名前をつけてやる」「三日月ロック」「フェイクファー」ですね。

 

勿論どこから聞きはじめても良いですが、迷った時は一意見として参考にしてみておくれやす。

 

スピッツメンバーは皆50歳を超えました。今年の10月には16thアルバムの「見っけ」が発売予定。スピッツはまだまだこれからです!

 

0PEOPLE