正義の旨辛を喰らえ ら麺のりダー / 担々麺

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。今でこそ辛いものが好きな僕ですが、昔は全然食べることができませんでした。しかし、ある日謎の集団に拉致され、改造手術を施された結果、現在のように辛いものが大好きになったのです。ウソです。

 

というワケで今日も食らっていきます、赤い麺! 今回は東区にある、ら麺のりダーさんに行ってきました。ワールドビュッフェと同じ敷地内にあります。

 

ぶっちゃけ最初に店名を見た時は、ネタ感の方が強すぎてあまり行く気にならなかったのですが、情報を仕入れるに、ちゃんとしたラーメン屋さんということなので、近くを通りかかった際に来店。

 

入店したのは11時半くらいでしたが、順番待ちの人も出るくらいに店内にはお客さんがいました。中々の人気店のよう。店名とのギャップな。

 

席に座り、不審者よろしく店内をキョロキョロと見渡しながら注文の品を待つこと数分……。

 

担々麺 830円

 

やっぱりここは王道の担々麺ですね! 辛さレベルは1号→2号→V3と仮面ライダーを意識しています。ちなみに写真は2号。最近日和りすぎじゃない? と言われそうですが、午後の仕事があるのに未知の激辛に挑戦する胆力は、僕にはないんですよね……。

 

見た目は赤いですが、ラー油の層の下にはまろやかな胡麻味噌ベースのスープがあります。ちょんと乗っている挽肉爆弾をほぐすと、スープはよりまろやかな味わいに進化。

 

口当たりはまったり系ですが、飲み込んだ後に口に残る感じはそれほどありません。スープが過ぎ去った後、辛さと痺れの感覚がバランスよくやってきます。

 

麺は細身の角打ちで、食べて嬉しいアルデンテです。つるつるとした食感と歯切りの良さが心地よい。

 

ズルズルっと完食。順番待ちの人が目立ったので、そそくさと退店です。美味しかった。今度はV3を食べに来るからね~~~。

 

0PEOPLE