人類はついにブラックホールの姿を捉えた……!

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。今日の昼頃、チラリと目にしたネットニュースが、ずっと気になっていました。

 

ブラックホールの撮影に成功 世界初 一般相対性理論を証明 – 毎日新聞

 

世界で初めて、ブラックホールの姿を捉えることに成功したという内容の記事です。実際にその画像も上がっています。ボヤボヤしていて何がなんやら分かりませんが、「ほほう、これが……”ヤツ”か……」と、顎をさすりながら記事を読みました。

 

僕、意外に好きなんですよ、宇宙。全然詳しくないけど。小学生の頃は宇宙についての本にハマってよく読んでいましたし、宇宙兄弟の漫画も持っています。なんなら一番好きな漫画はドラゴンボールです。ああ、やっぱり僕はうちうが好きなんだなあ……。

 

ブラックホールなんて名前を聞くと、宇宙にぽっかり空いた穴……というイメージが先行しがちですが、そうではなくて、1つの天体なんですよね。超高密度・超高質量で超高重力だから、周囲にある全ての物を引き込み、光すら引きつけて逃がさない。

 

僕たちが何か物を見ることができるのは光の反射によってのこと。しかし、ブラックホールに到達した光は、その重力から抜け出すことが出来ず、帰ってこないので見えないのです。気になる方はネットで調べてみてください。僕の説明は適当&うろ覚えなので……。

 

今回はブラックホールそのものではなく、その近くにあるガスが放つ電波を捉えることで、中心にあるブラックホールの姿を浮かび上がらせたようですね。やっぱりうちうはロマンに溢れてるぜ!

 

 

 

0PEOPLE