さらばRamenおこじょ ~長岡でもお元気で~

どうも、赤い麺の探訪者。新人営業ぬまじり(2年目)です。この1年で1番ハマったラーメン屋で、このブログでも何度か取り上げているRamenおこじょさん。先日、ついに長岡移転前最後の営業を終えました。

 

長岡への移転となれば、これまでのように思い立ったら食べに行く、ということが流石にできなくなります。寂しい限り。食べられる内に、食べておかなきゃ。

 

というワケで、移転前最後の来訪です。

 

辛ビリMISOラーメン

 

やっぱり最後もこれ。他のにしようと思ったけどこれ。結局これなんだよなあ……。ちなみに特盛です。

 

そして今日は、いつも気になっていたこちらも頼みました。

 

 

餃子! 2個で300円!? ファー! いくらなんでも強気価格すぎやしまへんか!? と思いましたが、サイズが大きいんだそう。どれ、どんなものか……。

 

 

こんな感じでした! うん、比較対象がないから大きさが分からん! しかも、既に1つ食べられている! このグダグダ感よ。

 

実際、中々大ぶりの餃子でした。一口では入りきらないでしょう。3口に分けても丁度いいくらいで、皮がモチモチで美味い! 世界で一番好きな食べ物は焼き餃子な僕からしても、中々の逸品です。

 

ラーメンの方は相変わらず美味しかった。ごん太の麺。舌を焼く辛さと痺れ。層の厚いラードで蓋をされた、アッツアツのスープは、味噌の旨味がしっかりと出ています。

 

身体の芯からホットになり、胃の隅々まで麺を詰め込める。完食した時に自然と「ホゥー」と声が漏れました。幸せって、こういうことなんだなあ……。

 

これからは頻繁に通うことは中々できなくなるとは思いますが、今後も機会がある度、食べに行こうと思います。短い間でしたが、今までありがとうございました!

 

 

 

 

0PEOPLE