肉の油を分解する機能がないみたい

どうも、新人営業ぬまじりです。多かれ少なかれ、食べ物の好き嫌いってものが大体の人にはあると思います。「嫌いな食べ物はありません」という立派な方も勿論いますけどね。

 

僕もそれなりに食べられないものがあります。子どもの頃はそれが結構多かったのですが、加齢とともになんとか克服をしてきました。その最たるものが、です。

 

昔、僕は肉類を一切食べることができませんでした。アレルギーとかではありません。単純に好みの問題です。

 

中学に上がるくらいで、自分が肉そのものではなく、「肉の脂身」が苦手だということに気付いてからは、鶏のささみを食べられるようになりました。脂身感のない、タンとかも食べられましたね。

 

それから高校生くらいで、脂身の少ない赤い牛肉なら食べられるようになり、大学生で牛丼を食べられるようになり、そして現在、ラーメンのチャーシューも食べられるようになっています。目覚ましい進歩だ。

 

1人でラーメン巡りがしたくて、あっさりとしたチャーシューから練習を始め、イエローのチャーシューを食べられたことで修行終了、免許皆伝と(自分の中で)相成りました。

 

で、最近は焼肉もしゃぶしゃぶも、割と精力的に行ってるのですが、1つ問題が。

 

僕、肉を大量に摂取するとお腹を下す問題。

 

これなんですよ。食後大体1~2時間後くらいに腹がギュルギュルしてきて、トイレに籠って念仏を唱える羽目になります。つらたん。

 

生まれてから10数年間の間、殆ど肉を摂取してこなかったために、僕の消化器官から肉類を消化する能力が失われてしまったのではないかと推測しています。

 

生物にとって、不必要な能力はやがて消えていく……生物の進化とは実に合理的で、面白いぜ。

 

というワケで、肉を大量に摂取するとお腹を壊しがちな僕ですが、焼肉しゃぶしゃぶは大好きなので、遠慮せずにガンガン奢ってください。

 

 

 

0PEOPLE