中学生の頃から僕が愛してやまないもの

どうも、新人営業ぬまじりです。いくつ歳を取ろうとも、変わらず好きでいつづけているものがあります。それがこれ。

 

 

レモンティーじゃないですよ? いやレモンティーも大好きですが。

 

今回注目したいのは、この「1リットル紙パックにストロー刺して直飲み」です。

 

月々のお小遣いが小学生時代から破格のアップ待遇を受けた中学生の時。コンビニで買い物をし始めたのもこの頃でした。

 

そして僕はこの飲み方に出会ったのです。あれはまさに運命の出会いでした。世界が変わる出会いって、あるんですねえ。

 

先ほどとは違う銘柄。

 

心の中で密かに「贅沢飲み」と名付けたこの飲み方を、10年以上経った今でも愛しています。多幸感がな。ダンチなんだ。この飲み方をするとな。

 

この飲み方で甘ーいジュース1リットルをガブ飲み。これをほとんど毎日続けていたもんだからさあ大変。

 

膨らむ腹……消滅する顎……心配される糖尿病……。

 

辞めようと思っても辞められぬ……もはや我が意思とは無関係……癒されぬ渇き……衝動……。

 

嗚呼……これが、人が背負いし“業”か……。

 

 

 

0PEOPLE