年越して早々衝撃の事実に気付いた

世の中には、知らない方が良いこと、気付かない方が良い事実というものもある……。明けましておめでとうございます、正月休みでダラけきっております。新人営業ぬまじりです。

 

皆さんは2018年の年の瀬をどのように過ごされましたか? 家族と一緒に、すき焼きやお寿司など豪華な夕飯を食べ、コタツで暖まりながらのんびりと過ごしたという方が多いのではと思います。

 

僕はといえば、極寒のアパートで毛布を被り、カップ麺をすすっていました。

 

大晦日のぬまじり家の食卓。

 

一見悲惨ですが、なんとこの後にコンビニで買ったケーキとポテチも食べたので、超豪華です。余は満足じゃ。

 

実家帰らんの? という声が聞こえてきそうですが、29日に一度帰っておりますので、年越しは自分のアパートで過ごすことに決めたのです。

 

僕といえば、見た目通りに孤独を愛するロンリーウルフなので、ソロ年越しも気楽で自由で楽しかった。まあ、もうちょいちゃんとしたもん食っとけば良かったなあとは思いましたが。

 

そんなこんなで無事年を越し、おもしろ荘を見ながら「そういや、去年の年末ってどうしてたんだっけ……」と、1年前の思い出を振り返ります。まだ実家にいた頃なので、家族で年を越して……いませんでした。

 

そうだ、去年も一人で年を越したんだった!

 

2017年年末は、家族で父方の祖母の家に行くということになっておりましたが、卒業論文の進捗がナイトメア級に絶望的だった僕は家に引きこもって黙々とガキ使を見ながら卒論を書いておりました。全然真面目にやってねえじゃねえか。

 

そんな僕の2017年最後のディナーは、セブンイレブンのから揚げ弁当

 

2018年の最後のディナーは、どん兵衛と緑のたぬき。

 

あ、これは悲惨だわ。

 

というわけで、今年の年末は何か豪華なものを食べようと思います。覚えていたらの話ですが……。

 

0PEOPLE