【ふたご座流星群が来ているが……】新潟は天体観測に向かない

どうも、新人営業ぬまじりです。花も恥じらう23歳ふたご座です。

 

そんな僕の星、三大流星群のうちのひとつ、ふたご座流星群が今日13日と明日14日見頃を迎えるようですね。

 

1時間40個 ふたご座流星群 今年好条件

 

なんでも今年は観測にあたっての条件がよく、明日の夜は特に多くの星を見ることができるようです。そして明日は丁度金曜日。ここはひとつ、ベルトにラジオを結んで望遠鏡を担ぎ、天体観測と洒落こもうかな。さ~て、お天気は……?

 

 

雨でした!

 

そうなんですよね。そもそも新潟は天体観測をするにあたっては圧倒的に不利なんですよね。何せ晴れない。他県民の曇りは新潟県民にとっての晴れであるとよく言われるわけです。僕も雨が降ってなくて空気に湿り気がなければ、例え空一面が雲に覆われていようと晴れと主張します。

 

そう言えば、大学時代にも一度だけサークルの人達と流星群を見に行った思い出があります。僕にだってちょっとくらいはまともっぽい思い出があるんや。

 

夜の海に行って星を眺め、「この雰囲気なら行ける!」と意気込んでビールを飲み、無事死んだ記憶があります。大学時代の輝かしい1ページです。

 

まあ、見れないものは仕方ありません。どうせ外は寒いですし、大人しく家の中でスマブラでもやるとしましょう。スターロッドを振り回せば星が出ますしね。これもう実質天体観測でしょ!

0PEOPLE