Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sksp/sksp.co.jp/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284
僕の話は……? スキマスイッチ / 君の話

僕の話は……? スキマスイッチ / 君の話

仕事をしていると、自分ってどうしてこう説明が下手くそなんだろうと思う時が多々あります。お客さんにも製作の人にも、営業という仕事は各方面への説明が求められますが……中々厳しい。要領の悪さを日々感じます。どうも、新人営業ぬまじりです。

 

というわけで本日はこの曲をプレゼン。

 

 

2003年にリリースされたスキマスイッチのミニアルバム『君の話』の表題曲です。1stアルバムの夏雲ノイズのリリースが2004年なので、かなり初期の頃の曲。若かりし頃の大橋さんの柔らかだけど力強い歌声と、常田さんのピアノがカッコいい、いかにも初期スキマスイッチっぽい曲です。

 

この曲がどういう曲なのかと言うと……。

 

昨日見た夢の話など興味ない 退屈さ

まわりくどい君の話し方なら なおさらさ

どうしてもっとさっとできないのかな

もっと単純に話せばいいのに

思ったほど伝わってないのにな

なんでそれに気付かないのかな

君の話はもう聞き飽きた

タバコばかりが減ってきただろう

 

こういう曲です。とにかく、君の話はもう聞き飽きたんだよ! と、初めから終わりまでグチを並べ立てる歌。

 

その話、30秒で済む話でしょ? なんでそんなダラダラと長ったらしくしゃべるの?

 

夢の話とか、君の昔の武勇伝とか聞かされたって、こっちは面白くもなんともないんだよね。きっと皆も気を使ってたんじゃない? 大分甘い人生を歩んできたんだね。

 

つらつらつらつらと、こんな調子で終わりまで。

 

でも、よく考えてみれば、男はそんな君のつまんない話をコケにしつつも、そこから去る訳でもなくずっと付き合っちゃってるんですよね。

 

この辺から、相手を小バカにして悦に浸る男の小物っぷりが透けて見えはじめます。いくらこの曲の主人公だからって、男に感情移入して、一緒に彼女のことをバカにしちゃいけませんよ。自分の行いは、きっと自分に返ってきます。

 

君は言うのさ もう聞き飽きた

僕の話はもう聞き飽きた

僕の話は

 

ほらね。

 

最後のこのどんでん返しがたまらないです。絶対に安全だと思っていたら、いきなり横面を張られたような、そんな感覚にさせてくれます。

 

何かと痛快なこの曲。当然歌うのは難しいです。練習しま?す。

 

0PEOPLE