【蒼い韋駄天】梶谷よ来期こそ

 

新たな歴史に その名を刻め

梶谷隆幸 蒼い韋駄天

 

いきなりの応援歌から始まりました、本日のブログはハマブログです。どうも、新人営業ぬまじりです。星の煌めきをこの胸に!

 

プロ野球はオフシーズン。選手と球団の間で続々と来期の契約が決まっていきます。本日の横浜では、僕が現役野手で最も応援している梶谷隆幸選手が契約を更改。3200万円ダウン年俸9600万円でサインをしました。

 

DeNA・梶谷「グッバイベースボールにならぬよう…」3200万減で更改

 

昨シーズン、20本塁打・20盗塁を達成するも、打率はレギュラー定着後最低の.243、三振はリーグワーストの157三振を記録するなど安定感にやや欠けました。不動のレギュラーを目指した今期の梶谷ですが、度重なる怪我に泣かされ、出場は僅か41試合。梶谷本人は勿論、僕にとっても悔しいシーズンになりました。

 

飄々とした雰囲気で、闘志を全面に押し出すようなプレイスタイルではなく、三振の多さもあいまって「やる気ない」と言われてしまうこともありますが、実はとても熱い男です。2016年のCSでは左手薬指を骨折しながらも試合に出場。痛み止めを飲み、患部に負荷がかからぬように愛用のグラブを切ってまで守備につきました。

 

また、梶谷のホームランって見ていて物凄い気持ちいいんですよね。ゴルフスイングとも表される、低めの球を掬い上げてのホームランは爽快の一言。

 

 

元々怪我がちな選手なので、しっかりと身体を休め、万全の状態で来シーズンに望めるように調整してほしいですね。

 

現横浜レギュラー陣では唯一と言っていい足を使える選手。加えて、良い意味でも悪い意味でもマイペースというか、チームの雰囲気にバッティングの調子が流されないタイプな印象です。

 

横浜野手陣はバッティングの調子に極端に波のある選手が多く、梶谷もその中の一人なのですが、どうも梶谷の調子の波は他の選手とズレているような気がします。

 

皆が打ってるときは打たない。

 

でも、皆が打ってない時に打つ。

 

この梶谷の空気読めないホームランに救われた試合は沢山あります。

 

何故か過小評価されがちな印象ですが、万全の状態ならば間違いなくレギュラー、それも億クラスの選手だと思っています。

 

頑張れ梶谷! 来期は期待してるで! 横浜にはお前が必要なんや!!

 

0PEOPLE