ついに我輩も年末調整

歳をとったんだなあ……と思う出来事が多い今日この頃を過ごしています、ぬまじりです。老いを感じる新人営業です。フレッシュは求めないでね。

 

自分の歳を自覚させられる紙切れが、先日僕のもとにも届きました。そうだね。年末調整だね。

 

毎年この時期になると、親が色々な書類を広げて、「めんどくせーめんどくせー」とブツブツ言いながら書いていた、アレですね。

 

そうか……俺も、もう自分でやらなきゃいけないんだな……いつの間にか歳くっちまったもんだ。どれ、いっちょ調整してやりますか。と気合いを入れ、配られた用紙をまじまじと見ます。

 

分っかんねー!!

 

まず字が細かい! どこが何の欄なのかも分からない! なんじゃこの紙は!

 

大丈夫だ。まだ時間はある。ゆっくり、ゆっくり考えればいいさ……。と、クリアファイルに挟んで鞄に放り込んでから数日が経ちました。

 

提示された期限は来週中。この週末に手を付けないと、平日にはやらないよなあ……と、ようやく重い腰を上げ、再び例の紙に取り組むことに。

 

改めてみても分かりづらいですが、よくよく見て考えると、僕には配偶者はいないし、扶養親族もいない。障害者でも寡夫でも寡婦でも勤労学生でもない。持ち家もありません。

 

あ、意外と記入する場所少ないんだ!(少ないですよね……?)な~んだ、チョロいぜ! じゃあ、あとは一個だけやってる個人の積立年金の控除を記入すればいいんだな。と、勝利を確信する僕。

 

この時の僕はまだ知りませんでした。このあと、保険会社から送られてきた証明書を探して家中を引っ掻き回す羽目になることを……。

 

整理整頓の重要性を思い知らされました。今後注意。

0PEOPLE