場所は変われど変わらぬ美味しさ 麺や吉風 / ニラ担々麺

どうも、新人営業ぬまじりです。日常生活において、ブログにかけるような出来事がありません。というわけで、お得意の辛いラーメンシリーズでお茶を濁すとしましょう。

 

今回僕が紹介するのは……。

 

ニラ担々麺 780円

 

麺や吉風さんのニラ担々麺です! ……あ? 前に紹介したやろ? 痴呆か? と思った方。甘い。ピルクルよりも甘い。

 

前回はフレスポ赤道店さんでしたが、今日は新大前店です。前回の記事にて、「ニラ担々麺は赤道店でしか食べれません!」とか豪語した記憶もありますが、いつのまにか新大前店さんでも復活していました(一時期は本当になくなっていたんですよ!)。

 

その情報を聞きつけた僕。善は急げと、早速慣れ親しんだ街へ赴きます。

 

八起ほどではないですが、こちらの吉風にも大学時代はよく行っていました。担々麺以外ですと、ねぎラーメンとかがお気に入りです。

 

さて、辛さは10倍まで選べるようです。赤道店さんのほうは上限は書いてなかったと思います(おぼろげな記憶)。今まで最高でも3辛か4辛までしか食べたことがなかったので、この日は5辛でいくことにしました。

 

着丼!

 

赤道店さんの同メニューと比較すると……。

 

まず値段が違いますよね。赤道店では確か850円だったはず。こちらは780円です。量的にはそう変わらなかったと思うので、この違いの理由はちょっと分からないです。

 

あとは細かな点ですが、

 

・焦がしネギの粒が大きく、数自体は少なめ。また、赤道店ではスープの一部のようなものだったが、新大前店ではトッピングの1つのような立ち位置に。

 

・ニラの長さ。新大前店のほうが短い。

 

このくらいかな。味そのものに大きな違いはありませんでした。当たり前っちゃ当たり前ですが、最近はチェーン店でも、その店ごとの色を出してくるようなラーメン屋も多いのでね。

 

で、5辛ですが、流石になかなか辛いし、痺れます。吉風の担々麺は山椒のビリビリくる感じが強く出ますね。

 

そして恐ろしいまでの発汗作用。汗をダラッダラにかきました。そのつもりで食べましょう。

 

麺は当然赤道店と同様の細麺。固めに茹でてあるので、後半柔らかくなりすぎるといったことはありませんでした。

 

この感じなら、7辛くらいまでは美味しく食べられそうです。それより上は……ちょっと私の手には余りますね……。

 

そこまで辛さを求めてない人は、大人しく2辛くらいまででやめときましょう。かなり美味しい担々麺です。オスススメ!

 

 

0PEOPLE