肌寒いくらいが心地よい

秋も深まり、最近はめっきり涼しくなりましたね。朝や夜は肌寒いくらいです。でもそれぐらいが心地よいのだ。

 

僕は基本的に暑がりです。暑さに弱く、寒さに強い。どれくらい強いかと言いますと、真冬でも掛け布団一枚で寝れるくらいには強いです。というか毛布かけると暑くて寝られなくなります。どうだ、参ったか。

 

体温が高い……という訳ではなく。僕の緻密な自己分析によれば、僕の身体は、その末端までしっかりと36.5℃が通っているようです。なので、布団一枚にくるまれば自分の体温でホカホカになってきます。皆が苦しむ冷え性とは無縁の、お得な体質です。

 

なので、僕としてはこのくらいの気温が過ごしやすいです。なんだかんだいいつつも、結局9月一杯はノージャケットで過ごしましたしね。週明けからは衣替えなので、ちゃんとジャケットも着てネクタイも……締めます。

 

と、ここまでつらつらと「俺、強いやろ?」自慢をしてきましたが、寒さを感じないわけではもちろんないです。寒いもんは寒い。これどうしようもない。

 

新潟のことですから、どうせこの気候も長続きせず、すぐに極寒の寒さがまたやって来るでしょう。僕とヤツはそこそこ長い付き合いだから、分かるんだ。言葉に出さなくても。

 

そう長くは続かない、一年の内で一番好きな時期を、ちゃんと楽しみたいと思います。この時期は夜活が捗るよね。

0PEOPLE