パスタ、巻ける?

やあ、ムッシュー&マドモアゼル。パスタは好きかな? 僕ことサダーロ・ヌマオシリッチは勿論大好きさ! ただ、僕にはちょっと悩みがあってね。聞いてくれるかい? それは……。

 

僕、パスタをフォークで食えない問題!

 

……ごめんなさい。盛りました。正確には「パスタをフォークで食べるのがド下手くそ問題」です。

 

や、でもね。そもそもね、フォークってこんなんでしょ?

 

こんなん。

 

食えるか! こんなんで! 麺が!!(鮮やかな倒置法)

 

というか、麺類食べるのに一番適した食器が何かと考えれば、問答無用でだと思うんですよ。箸。箸箸。実際、そういった研究結果も出ていますしね(当ブログ独自の調査による)

 

しかしまあ、食べ方にはその人の育ちが如実に出ますからね。焼き魚を箸で美しく食べれる人は美しいのと同様に、パスタをフォークでスマートに巻いて食べれる人はスマートなのでしょう。

 

広辞苑の「スマート」という項目に「沼尻貞治のこと」という文言を追加するのが長年の夢だった僕にとって、これは避けては通れない壁です。ならば。

 

巻いてみた。

 

食いづらいわ!

 

何故か僕が巻くと、だらりと麺が垂れ下がったり、挙げ句の果てには皿上のほとんどの麺が絡み付いて、大きな1つの固まりとなってフォークにぶっ刺さってる……みたいなことになります。おいおい、ひと繋ぎの財宝か? ここにあったんだ。ワンピース。

 

そして僕は気づきました。間違っているのは社会の方だ。箸という素晴らしい食器があるのに、未だに昔の慣習に従ってフォークを使い続ける社会がおかしいのだ、と。

 

この世界の片隅で、僕は声を上げる。警鐘を鳴らし続ける。皆が笑顔でパスタを箸ですする。そんな夢のような世界の実現を願って……。

 

 

 

 

0PEOPLE