帯の力で財布の紐をこじ開けられた

モノが溢れている世の中だから、それをどう広告していくかが重要とはよく言いますね。そのことを、この前時間潰すためにぶらりと寄った本屋で改めて実感しました。

 

特に何かを買うつもりもなく、ただ眺めて回ろうと思っていたのですが。

 

 

この帯の一文に目が吸い寄せられました。こんな哀しい文があるか? 第一印象で購入確定です。財布から取り出したなけなしの千円札を握りしめ、この本を持ってレジへと走りました。

 

本に関しては「○○さんも絶賛!」「衝撃のラストから目を離すな!」的な煽り系帯よりも、その作中のこれ! という一文を抜き出して書いてくれている帯の方が、個人的には購入意欲をそそられます。

 

本屋に行くたびにこういう帯やポップに惹かれてしまい、まんまと購入へまっしぐらです。お陰で積ん読の山が減らない。無意識下で減らさないようにしているのではというくらい減らない。というか、本を買うとき「補充」っていう言葉を使ってしまうくらいだから、もはや目的が変わっている気がします。

 

でもそういえば、数年に及ぶ自己分析の結果、自分の趣味は読書ではなく、本棚埋めだということを把握していたんでした。なんだ、俺はブレてはいなかったんだな。また勝利してしまった。

 

0PEOPLE