レストレスレッグス症候群 / むずむず脚症候群って知ってる?

今回の記事は表題の通り。これ、知ってますか?

 

ここ数年色々なメディアで名前をチラホラ聞くようになりましたこのレストレスレッグス症候群(名前かっこいい)、またの名をむずむず足症候群(名前かわいい)。ネットで調べたら出てきたもう一つの名は下肢静止不能症候群(名前渋い)

 

これは一体どんなものなのか。ネットで調べた知識をひけらかしますぞ。

 

・主に足や腕に、なんとも言えない異様な不快感が表れる症状で、その不快感はじっとしてると強くなり、症状の出ている部分を常に動かしたり、さすったりせずにはいられない。

 

夕方~夜間にかけて症状が重くなる傾向があり、睡眠障害の要因となる。原因は不明。男性よりも女性に比較的多く症状が表れる。

 

とのことです。

 

なんでいきなりこんな病気を? と聞かれましたら、他ならぬ僕がこの「むずむず脚症候群」持ちだからです。更に言ってしまうと、ウチの家族は親父以外全員これ持ち。母方からの遺伝と思われます。

 

この病気のキモである「不快感」ですが、これが本当に名状し難い。皆なんとなく同じような症状を訴えているので家族間では共通認識を持つことができましたが、他人と共有することはできなかったですね。最近になってこれがちゃんとした名称のある病気だと分かった時には、我が一族はそれはそれは盛り上がったものです。

 

で、この感覚、外傷もなく、はっきりとした痛みでもなく、とにかく説明できないんですよね。人によってもその形容の仕方は様々で、これまたネットで調べてみると「なんとなくむずむずする」「じんじんする」「虫が這っているよう」「針で刺されているよう」等の表現がありました。

 

僕がこの感覚を表現するなら、「皮膚の下で筋肉を直接鷲掴みにされているような感覚」です。これが波のように来たり引いたりします。とにかく気持ち悪くてじっとしていられません。

 

どんな時にこの症状が出るかもそこまで規則性はないのですが、疲れてる時には疲労感とセットでこれがやって来ることが多いです。あと、僕もそうなのですが、アルコールの接種も引き金の一つのようです。これもあって、つくづく僕は酒に縁のない人間だと思い知らされます。

 

もし「あ、自分もこれかも……」という方がいましたら、これは歴とした病気ですので、今度からは胸を張って「俺、病気持ちなんだ……」と言いましょう。名称も複数あるので、場面によっての使い分けが可能です。

 

例えば、シリアスな雰囲気を醸し出したいなら、憂いを含んだ顔で「俺……実は小さい頃からレストレスレッグス症候群に悩まされててさ……」と言えば「え……それ、治るの……?」と恐らく来るので「原因……不明なんだ……」というコンボであっという間にあなたもドラマの主人公。全米を涙させろ!

 

合コンに行ったなら、明るいテンションで「俺さー、じつはむずむず脚症候群持ちでさー」なんて言えば、「えー何それ? 可愛いーウケるー」となり、その場にいる女の子の興味は全てあなたのもの。合コン検定1級の取得も夢じゃない!

 

症状を押さえるには ~実体験から語ります~

 

話を真面目に戻しまして、この症状が出てしまった場合、どうすればいいのか。僕の長年の研究の成果を紹介します。

 

まず前提として、出た症状を消すのは恐らく出来ません。出てしまったらひたすら我慢です。基本的に夜に出る症状なので、これに耐えつつ眠りに入ることが重要なのですが、前述の通りこの病気は「じっとしていられないような不快感」が下肢を襲うもの。何の対策もなしに眠りに落ちるのは至難の技です。揉んだり擦れば気は紛れるのですが、それじゃ寝れませんよね。

 

一番効くのはやっぱり風呂です。湯船に使ってしっかりと症状の出ている部分を暖めて、揉んでやる。すると大分症状が和らぎます。そのまま身体が冷える前に布団に入って寝てしまいましょう。

 

あとは湿布やアンメルツヨコヨコ系のスースーするやつですね。この病気持ちの必需品です。これを感覚がなくなるくらいまでしこたま塗り貼りして、そのまま寝ます。より強い刺激で上書きするという荒療治ですが、効果はあります。ようは寝られればいいんです。

 

偉そうに解説を始めましたが、基本的に策はこのくらいしかありません。症状が軽ければ湯船に浸かってすぐ寝る。重ければ、その上にアンメルツと湿布です。両足に重~い症状が出て本当に立ってられないくらいにヤバイ時は、アンメルツを塗ってから風呂に入り、上がってもう一度アンメルツを塗って、湿布を片足につき6、7枚貼って寝たりもしていました。

 

説明しがたいけどかなり辛いこの病、まだ家族以外での同士に会ったことがないので、この記事をきっかけに出会えると嬉しいです。そして辛かったあの日の思い出を語り合い、効果的な対策を教えてほしい。切実に。

 

同士求ム!

 

0PEOPLE