縫い物下手、猫と死闘を繰り広げる

 

来たる8月10日〜12日は新潟まつりですね。その初日10日に行われる大民謡流しに、ウィザップも参加します。会社としては去年から2年連続での参加で、これからも続けて行く方針のようです。

 

僕はといえば、当然の民謡流し初参加。それも、新潟甚句を踊るのもこれが初めてです。僕のパーソナルデータを把握してる人は、ってオイオイオーイ! お前地元新潟市ちゃうんかーい!とノリノリでツッコミをかましてくるかもしれませんが、正真正銘初めてなのよ。

 

小学生の頃は地元地域のローカルな盆踊りを踊りましたし、中学生のときはトッキッキダンスなるもの(新潟の同世代の人は知っているんじゃないかしら)を踊りました。ちょっと調べてみたところ、2009年のトキめき新潟国際のイメージソングに合わせて作られたダンスのようです。これが中々に難易度高めのダンスだった覚えがあります。

 

で、10日の民謡流しですが、ウィザップカラーの浴衣に身を包んで参加するにあたり、各々でちょっとした縫い付け作業をするようお達しがありました。

 

昔気質の日本男児たる僕の一人部屋に、裁縫セットなんてものが置いてある道理もありませんので、今日はその浴衣縫い付けのため、車を走らせてはるばる新潟市西区の実家へと帰りました。

 

自他共に認めるクソ不器用な僕。それでも中学時代の家庭科で習った知識をフル稼働させ、さあ一針縫おうぜと意気込んでいたところ……。

 

 

なんか来た。

 

 

落ち着いた。

 

 

もう一匹も来た。

 

悪質な妨害工作にあいました。なんて卑劣な輩でしょう。猫のいる空間でこんなことやり始めた僕がバカだったのでしょうか?バカだったのでしょうな(どう考えてもバカでした)。

 

 

なんか喧嘩してるし……。

 

 

糸食ってるし!

 

まとわりつく輩共を振り払いながら、なんとか縫い付け完了させました。母に呆れられるくらいのクオリティの低さですが、まあ、仮縫い程度でいいって書いてあんだし、問題ナシナシ!

 

踊ってる最中に落ちてきたりしないよな……。

 

 

0PEOPLE