金曜日 香港土産を 踊り食い

 

香港出張に行っていた先輩方が帰国し、今日からまた出社していました。展示会での様子を聞きましたが、本当に凄い人の数だったみたいですね。その上準備、片付けの時間も含めると1日12時間近く働きづめで、大変な5日間だったようです。僕なら半日でぶっ倒れますわ。

 

そんなお土産話と一緒に、色々とお菓子も頂いてしまいました。味ごのみそっくりな煎餅、妙に美味しいマンゴーのグミ、不思議な美味しさの、海苔でアーモンドを挟めたヤツ(なんと言っていいのか分からない)、口の中でパチパチするキャンディー……等々。

 

その中でちょっと取り上げるのはこれ。

 

 

その名も牛肉片。どシンプルなネーミング、嫌いじゃないぜ。パッケージから察するに、恐らく辛いヤツ。俄然興味を惹かれます。

 

勝見さんもちょっと気になるとのことだったので、終業後にいそいそと袋を開けて食べてみることにします。

 

実物はこんな感じ。

 

まさに肉片ッ!って感じです。香りは中々。食べてみましょうか……。

 

うーん、なんとも言えない。

 

不味いとは言いませんが、やはり日本の同系統の食べ物と比べると、食感と味の質的に一段劣るかな〜って感じです。決して嫌いな味ではないんですけどね。

 

気になる辛さの方は、後から来ます。咀嚼して飲み込んで、口の中に残る後味が消えかかった頃に「ゴメン、待った?」と爽やかに到着です。イケメンかよ。

 

刺激の強さはまあまあって感じです。タバスコのような、鋭利な感じの刺激が口内に広がります。

 

以上、感想でした。あまり盛り上がってないのは、食べた時にあまり気分が盛り上がらなかったからです。申し訳ない……。

 

でも、斜め向かいの本拓さんは「美味い美味い超美味い」と言って、顔に汗を滲ませながらホイホイ食べてました。「酒が飲みたくなる」とも言っていたので、お酒のつまみに良いのかもしれませんね。僕は飲めないので分からないですが、お酒好きの人は好きな味なのかも。

 

0PEOPLE