【2018.01.29】バント

他部署で働いている、私の高校の後輩が、

「野球のバント」について記事を書いておりました。

 

軟式野球独特のバント方法

 

最近、バントなんてやったことないので、

どうやってやっていたのか?

と思い出してみました。

 

私は左打ちなのですが、

たぶん前足である右足を、

少し開いて構えていたと思います。

 

 

まぁ、バントというと観ている人には、

あまり印象に残らないかもしれませんが、

攻撃の手段として、とても重要な役割を担っています。

それに簡単に出来るというものではありません。

打つよりも簡単そうに見えて、意外に難しいです。

 

打撃では、10回に3回打てれば3割バッターとなり、

一般的には、すごいと言われるのですが、

バントは10回に10回成功させなければなりません。

 

「成功させて当たり前」という雰囲気も

実際にやる時には、少しプレッシャーとなります。

 

 

私は、大人になってから楽しむ野球になったので、

バントなんて年に1回するかしないかというくらいですし、

練習することはないと思いますが、

この後輩の記事を読んで、

「バント」って大切だったなと、思い出しました。

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

0PEOPLE