【2019.01.11】「第91回選抜高校野球大会」開会式の行進曲

2019年3月23日から12日間、甲子園球場で開催される、

「第91回選抜高校野球大会」開会式の行進曲に、

シンガー・ソングライターの槙原敬之さんが作詞・作曲した

「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」に決まったようです。

 

甲子園の行進曲というと、

基本的には、前年に幅広く社会に親しまれ、

スポーツにふさわしく明るいものが選ばれますが、

今回は、平成最後の甲子園大会ということで、

「平成を象徴する代表曲」という観点で選ばれたようです。

「どんなときも。」は、第64回大会(1992年)、

「世界に一つだけの花」は、第76回大会(2004年)で

行進曲として使われているので、2回目の選曲となりました。

 

ここ数年間ずっと観に行きたかった甲子園大会。

平成最後の甲子園大会ということで、

今年は、観に行く方向で準備をしたいと思います。

 

 

 

おわり。

 

 

0PEOPLE