広島3連戦終わったから振り返るわ

広島との開幕3連戦が終わりました。
2勝1敗と素晴らしい結果で終えることができました。
絶対的エース菅野のHQS7回1失点ピッチングで勝ちはおろか負けをつけてしまったのは行けなかったですが、
そのあとずるずると連敗するわけでもなく2連勝できたのは今後につながるとても大きなものだったと思います。

 

まず第1戦は大瀬良対菅野の投げ合い。
立ち上がり球が浮き気味でイマイチ調子の上がらない菅野とは対照的に立ち上がりからエンジン全開の大瀬良。
大瀬良のウイニングショットのカットがキレッキレでスライダーかのように曲がっていました。
それに翻弄され巨人打線は外角の変化球にクルクル…
特に丸は4三振と屈辱のスタートとなってしまいました。
新リードオフマン尚輝はいきなり3安打猛打賞!
スコアは5-0でしたが、結果として菅野の安部に打たれたソロが決勝点になりました。
もしかしたら9回に満塁のチャンスを作る粘りが見れたので、そのまま1点差だったら何かあったかもしれませんね。
そう考えると8回の大江宮國が痛かったということになります。
まあ大江に関しては悪い投球をしていたわけではありませんが、1軍の実績がない分、見てる方からすると精神衛生上よくなかったですね。ひやひやでした。

 

そして翌第2戦。
先発は床田とヤングマン。
ヤングマンも状態がよく、二つの四球がありながらも6回1失点。鈴木誠也の巨人戦で何回か見たようなホームランのみの失点でした。バットでもセンター前に運びましたしね。
この試合では今季初スタメンのゲレーロが大爆発でした。4打数3安打の4打点!
ベンチでのニコニコゲレーロが印象的でした。原さんがモチベーターとしてしっかりとやってくれているようです。
一方移籍後初スタメンとなった中島は3打席2打数0安打1四球とパッとしなかった印象。
丸はこの日もノーヒットでしたが3四球選ぶなど、繋ぎとしては十分な結果でした。
また、この試合では新勝利の方程式もお披露目?されました。
吉川光中川クックのリレー。
去年のような終盤で逆転されるようなひやひや感がなくなりました。
今のところ安心してみてられます。

 

勝ち越しのかかった3戦目の先発は九里と畠。
畠も決して状態がよかったようには見えませんでしたが、5回2/3を2失点とまずまずの内容でまとめてくれました。
決勝2塁打の吉川尚はこれで3試合連続安打。
丸にも移籍後初ヒット初タイムリーが生まれホッとしました。
そしてこの試合もゲレーロ!一時勝ち越しの2ラン!今季はソローロから脱却するのでしょうか。
また、ビヤヌエバも初スタメンで4打数1安打。守備も無難にこなしていました。最低限はやってくれそうに思います。
捕手を入れ替えで起用するらしいのですがやっぱり!小林が一番いいですね。
この時期だけかもしれませんが一日一善ほどやってくれていますし。
投げる方では中川でしょう。
ピンチを作った桜井の尻拭いをしっかりとやってくれました。これは株が上がりましたね。
一方の桜井は下でもうちょい練習してきた方がいいんじゃないかと。
広島長野さんにも移籍後初ヒットが出て今は敵ですがうれしくなりました。

 

この開幕カード3戦を見て広島も打線が途切れることが去年に比べて増えたのかな?と思いました。
丸が抜けたのはもちろんそうですが、坂倉を使ったりしているからでしょうか。
おとなしく長野さん出していればいいのになあと思ったりもします。

 

今日は東京ドームで阪神戦!
一昨日ヤクルト対阪神は両チーム、チーム打率1割台の戦いで3試合すべてロースコアの戦いでした。
チーム打率だけで比べると巨人は.260で阪神は.154と、1割以上上回っているので普通に打ち勝てそうな気もしますが、阪神の今日の先発は昨年対巨人の防御率が1.80と抑えられているガルシアです。
しかも東京ドームでは0.56と防御率1点未満です。これはやばいですね。
ガルシアも移籍後初先発となるわけなので気合は入っていると思いますので舐めてはかかれません。
ほかに個人的に注目しているのは木浪近本のルーキー1・2番コンビです。
木浪はオープン戦.373の率を残したものの公式戦では11-0とまだノーヒット。
この勢いのある1・2番コンビが上がってくるともっと打線がつながるのかなと思います。

 

18時プレイボール!
勝利の闘魂込めてがききたい!

0PEOPLE