ソミヤに仕事を依頼するとこうなる~ライティング編(取材・執筆)~

 

パンフレットを作るんだけど、その原稿準備が大変で…。写真は撮ればなんとかなるけど、文章がね…。自分の日本語に自信無いし、何をどうか書けばいいか分からなくて、進まないんだよね…。そうこう言っているうちに原稿入稿の期限が迫り、なんとなく書いたままの原稿がそのまま流し込まれているパンフレットが完成。…うーむ。これでいいのだろうか…。

 

こんな経験はありませんか?

 

これ、ウェブサイトを作る時も一緒なんです。印刷物もウェブサイトも一緒。要は、何を伝えるか?がいちばん重要=文章が一番重要なんです(写真集以外)。だから時間がかかる。

 

今日はこの「文章原稿を用意する」=「ライティング(執筆)業務」について、前回に引き続き「ソミヤに依頼したら、こんなものが、こんな形で、こんな金額で出てくるよ!という流れでお伝えしたいと思います!!※金額表示は全て税抜きです。

 

題して…

 

 

 

 

 

ソミヤに仕事を依頼するとこうなる。

ライティング編!!

 

ソミヤに仕事を依頼するとこうなるライティング編

 

おはようございます。

ウィザップパートのおばちゃん、自称「日常を楽しく切り取る企画編集者★ソミヤ」です。

今日は前回に引き続き、「ソミヤに仕事を依頼するとこうなる」シリーズです!「ソミヤの業務内容」です。「こんなことも出来る?」「こんな事を依頼したら、どうする?」というようなお問合わせも大歓迎です!個人的にお答えすることはもちろん、ブログにもまとめさせていただき、今後の活動の参考にさせていただきます!

 

今回もところどころに「クスッと笑えるエッセンス」を散りばめてまいります!お仕事自体は至って真面目に取り組んでおりますので、ご心配なく!笑

 

■おさらい■ーーーーーーーーーー

前回は「パンフレット・チラシ編」主に「企画業務」について…

ソミヤに仕事を依頼するとこうなる~パンフレット・チラシ編~

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

目次

1.「代りに書いて!」→ライティング費
2.「ここに取材に行って!」→取材費
3.どんな文章を書いてくれるの?
4.制作物を理解している人が書く利点
5.やっぱり自分で書きたい!でも添削して!
6.お問い合わせは個人的にお気軽に〜♪

 

 

 

 

 

1.「代りに書いて!」→ライティング費

今日は冒頭からもう費用言っちゃいます!

ライティング費は1文字10円です!

400字詰め原稿用紙1枚ギッシリ書いて、4,000円です!

 

キャッチコピー・リードコピー・小見出し・ボディコピーなどなど、あらゆる種類の文章全部、一律1文字10円です!!お得だと思います!!笑(通常キャッチコピーはキャッチコピーでコピーライト代が変わってきます。キャッチコピーだけでウンジュウ万…なんて話もザラです。)

ただし、類似したキャッチコピー※が無いかなどの確認作業は、この料金に含まれておりませんので、予めご了承ください。

※基本的には、短い文章や言葉に著作権は認められていないので、キャッチコピー自体が商標登録されることはありませんが、ロゴや商品名として商標登録されていたりする場合があります。

…と言っても、巷で広告として使われている言葉をそのまま持って来たりはしませんので、ご安心ください。

 

▼コピーの種類イメージ

 

 

 

 

 

もし、ライティングに根拠となる資料や情報を収集・編集が必要となる場合は、別途「調査費・資料編集費」として1箇所1万円頂いています。

ただこれは、数十ページに渡る資料をドサッと渡されて、「ここから要点を抽出して、◯◯っていうテーマでまとめて」と言われるような場合です。なので、通常のパンフレットでそのようなことは稀だと思いますし、ある程度ご依頼主さまの方で情報整理をしていただき、その資料をお渡しくだされば、よっぽどのことがない限りこの「調査費・資料編集費」は頂きません。

 

 

 

2.「ここに取材に行って!」→取材費

「ここの文章を、ここに取材に行って、◯◯についてまとめて書いて欲しい」そんなご要望には、上記ライティング費とは別に「取材費」を頂き、取材に伺い執筆します。

 

取材費は1時間6,000円です。

取材方法は問いません。対面・電話・スカイプ・Facetime等、可能な限りご要望にお答えします。インタビュー取材の場合、複数人を一度にインタビューする場合も人数に関係なく、1時間6,000円で大丈夫です。ただし、全員に同じ質問をする場合に限ります。

 

質問項目の考案が必要な場合(誰かにインタビューする場合)などは、別途「質問項目作成費」を1人10,000円頂いております。取材に関する調査・下調べをし、文章が使用される用途に応じて「どのような質問をして、どのような内容を聞き出せば良いか」を考案します。質問項目数は10項目までを想定しています。

これらの質問項目は事前にご依頼主さまと内容の擦り合わせを行い決定し、取材先に事前にお知らせいただきます。

 

その他、取材にかかる費用は以下の通りです。

  1. 交通費【実費】
  2. 移動出張費【1分70円】…移動時間の拘束時間です
  3. 取材拘束費【1分70円】…取材現場での取材時間以外の拘束時間です

私を拘束すればするほど費用がかかってしまうので、なるべくスムーズに取材が進むよう、スケジュール調整をされることをお勧めします。

 

 

 

3.どんな文章を書いてくれるの?

ご要望に合わせます!

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

 

小難しい文章は苦手です!!

 

笑。

 

元々ライターや執筆活動を中心にやってきたわけではなく(「自分で小説を書く」なんてことも全くしてませんよ)、「企画編集者」として、会社案内や観光案内パンフレットやチラシ・ポスターなどを作ってきた過程で磨いてきた文章力なので、

誰が誰に対して、どう思って欲しいと思って書いている文章なのか?

どうすれば読者の興味を引き続け、読んでもらえるか?

に注力する癖があります。

 

ポイントは「視点」です。

誰が、どのような視点から、この件について言っているのか?誰にどう思って欲しいのか?は、必ずご依頼主に確認いたします。「私は誰になりきってどんな気持ちで、誰に向けて書けばよいのか?」という確認です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…えっと、

 

そんなわけで…

 

 

 

内容がある分野に関して専門的になる文章、

専門家だけが見る文章、

は書けませんのであしからず!!

 

 

笑。

 

この場合、専門家の間だけで意味が通じればいいものだと思いますので、私のお役目はないかと…。

 

 

…あ、でも、

専門家が書いた文章を、一般人にも分かりやすい文章に変えるのは得意です。これは「リライト業務」になりますので、詳しくはまた後日、お伝えしますね!

 

 

 

 

4.制作物を理解している人が書く利点

 

薄々気付いてらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが…

そうなんです。

もし、ソミヤに「企画業務」を依頼してくださるなら、この「ライティング業務」まで依頼してくださった方がいいんです!!

 

なぜなら、私が制作物(最終的に何を作ろうとしているのか?)をよく理解しているから。

 

詳しくというと、

この場合私は…

  1. 制作意図を十分に理解できている(企画書は私が作りますからね。笑)
  2. ご依頼主の好み・人柄が理解できている(企画のやりとりでだいたい分かってきます。)
  3. どういう文章がどこにどう入るといいか?がすでにイメージできている(企画書の構成を考える時点ですでに軽く書いてますしね。)

 

 

 

 

ねっ?

 

ねっ?ねっ?

 

 

 

 

これって…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カ・ン・ペ・キ♡

バリウム後のうんち流れない問題03※イメージです

 

 

なんといっても速いです。

ものすごく速く制作が進みます。

これは私のやり方ですが、最初にご提案する文章は推敲しつくしたものではありません。「こんな文章がこんな感じで入るといいなぁ…」ということを考えつつ、軽く書いたものをご提案します。これを見てご依頼主さまがどう赤字(修正)を入れてくるか、で、ご依頼主さまの好みや傾向を掴みます。

 

なので、最初にご提案する文章はとにかくスピード重視です。ちゃちゃちゃちゃーーーーーーッと書いて、ちゃちゃッとお送りします。ご依頼主もそれに赤字を入れればいい。ご依頼主もずっと楽なんです、自分でゼロから書くより。そして私も楽。そこから何度かやりとりを繰り返し、文章の推敲をしていけばいいだけです。

 

なので、もし企画業務をご依頼くださった方は、ライティング業務も合わせてご検討くださいね♪

 

 

 

 

5.やっぱり自分で書きたい!でも添削して!

 

はい、これに越したことはありません。

ご自身の思いは、ご自身で吐き出された方がいい!!

文章は思いが込もってナンボだと私は思っているので、多少日本語が変でも、多少文法がおかしくても、思いが伝わってくる文章が一番いいと思っています。

 

が、

 

「取引先のエライ人も見るのに、このままの文章では不安だ!」

「全世界に配信されるこのホームページにこの文章が…(((;゚Д゚)))全世界に私の文章が晒されるのは怖い!」

「見た人に誤解を与えてしまうと良くない。でも自分では自覚症状がない。…誰かに見て欲しい。」

 

という方!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首輪部分がはげた猫00

ご安心ください。

(友情出演:愛猫コカバ)

 

「リライト業務」という承り方がございます。

ご依頼主さまが書かれた文章を添削するサービスです。添削して文章をこちらで修正してからご提案することもできますし、添削した状態でお返しし、添削内容を確認してからご自身で修正される方法も承ります。

これについては、また後日詳しくお知らせしたいと思いますのでお楽しみに♪

 

以上、予告編でした。

テヘペロ!

 

【2017.5.5 追記】————-

「リライト業務」についてはコチラのブログでご説明しています。

ソミヤに仕事を依頼するとこうなる~リライト編(文章添削)~

—————————–

 

 

 

6.お問い合わせは個人的にお気軽に〜♪

ライティング…特に取材が必要な場合のお見積は、ちょっとややこしいですよね。

費用を抑えるポイントは、とにかく「拘束時間を短くすること」だと思います。後は質問事項など、ご依頼主様でご用意できるものは全て用意していただき、取材先の情報など、どんな人からどんなことを聞き出して欲しいのか?等のご要望もお寄せいただくのも費用を抑えるコツです。

 

 

…あ、でも、

…正直、めんどくさいですよね?

 

笑。

 

 

 

 

…あ、

 

お問い合わせ?

 

お問い合わせ、しちゃいます??

 

笑。

 

 

お問い合わせいただき、取材場所・日時・拘束時間等お知らせいただければ、こちらからお見積書をお出しいたします。

 

「会社を通すと仰々しくて嫌だな…」と思われる方は、

 

ご遠慮なく

個人的にどうぞ!

 

下記にあるソミヤSNSのうち、ご都合の良いダイレクトメッセージでお気軽でどうぞ。(Facebookのメッセンジャーが1番確実です。メッセージと同時にお友達申請も行っていただくと、確実に見ます!)

「SNSやってないんだよね…」

という方はお手数ですが、弊社株式会社ウィザップのホームページの「お問い合わせ」ページからお願いします。

 

「ソミヤ、プリーズ!」

 

と言っていただければ電話にも出ますし、

メールも私からお返事差し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

…ふぅ。

 

今日も長かったね。

 

うん、でも、昨日よりは短いよ。

 

4910文字だよ。笑

 

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました!!

 

 

今日お伝えしたいことは、以上です。

では、また明日。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソミヤここで働いてます↓

株式会社ウィザップ

ちょっと変わった変な会社です。

だから私にピッタリです。

あはは(´▽`) ♪

ーーーーーーーーーーーーーーー

パンフなどの印刷物や

webサイトの企画編集、

取材や執筆のお仕事をしています。

「うちの日常も楽しく切り取って!」

「広報・PRのいいアイデアない?」

「うまくまとめらんないんだけど!この思い!」

お気軽にご相談くださーい( ´ ▽ ` )ノ

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソミヤのことをもっと知りたい!

と、思ったアナタ。

コチラです↓

ソミヤFacebook

子どもやら猫やら

いっぱい出てきます。

お友達申請はメッセージ付きで

お願いします(´▽`) ♪

(子ども投稿はお友達限定です♪)

ーーーーーーーーーーーーーーー

つぶやきもやってます。

うちの萌え猫、満載です。

(ↀᴥↀ)ふふふふ…

フォローミー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://twitter.com/somiyan1980

ーーーーーーーーーーーーーーー

インスタもやってましたよ。

おもしろ子ども作品満載です。

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪

フォローミー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/somiyan1980/

ーーーーーーーーーーーーーーー

0PEOPLE