【子守りニャンコの仕事】コカバって一体何猫!?が分かる話10選。

 

最近「コカバって何?」「コカバって猫らしいよ」「ブログ書いてるらしいよ」という声が、ちまたでささやかれているとか、いないとか…。

なので、今日は新年早々暑苦しくて申し訳ありませんが、「コカバって何猫?」という疑問を解決できそうな記事を集めてみました。

 

題して…

 

 

 

 

 

 

コカバって一体何猫?

が分かる話10選!!

 

コカバって一体何猫が分かる話10選

 

 

…はい、年末の3日間お送りした「ソミヤちゃんねる。2016総集編」の勢いに、ぼくも乗ってみたかっただけなんです。すいません!でも、全国のコカバファンなら読んでくださるはず!仕事初めだろうが、なんだろうが、読んでくれるはず!…とやや強気で行きたいと思います。

 

 

おはようございます。

ウィザップパートのおばちゃん、自称「日常を楽しく切り取る編集者★ソミヤミホ」の愛猫、「コカバちゃんねる。」発信にゃんこ、コカバです。ご主人様は今日が仕事初めなので、ぼくが代わりにブログを書きます。

今日は「自己紹介シリーズ猫編です!!

 

 

12540229_928148823929466_1522576103_n

 

どうも、コカバです。

 

 

 

第一部:今までのこと

 

特に記事はありません。笑

あえて言いますと、生い立ちとしては、新潟市西蒲区にあるカーブトッチというワイナリーに捨てられたことに始まります。ネコ好きのここのオーナーに保護され、約1年間、ここでお世話になりました。

他にもたくさん仲間がいて、外をウロウロできる「外ネコ」と、「ネコ部屋」と呼ばれるネコ飼育部屋で過ごす「内ネコ」合わせて、50匹くらいはいたんじゃないでしょうか…(オーナーが変わられたので、今はもういないみたいですが…)

ぼくは「内ネコ」グループでした。

 

ちょうどご主人様が働いてらしたデザイン事務所さんが、ここのオーナーとお仕事をされていた関係で、ご主人様は「猫を譲ってもらえますか?」とお話をしてくださったようなのです。

「完全家猫として飼いたい」「猫を飼うのは初めてだ」という2つの条件から、オーナーは「内ネコ」グループの中から、生後1年くらい経った成猫がいいだろう…とアドバイスをされたそうです。

ご主人様は旦那様と共に「猫部屋」に入って来られ、猫1匹1匹をじっくりと見てらっしゃいました。この時ご主人様は事前に熟読された『猫の飼い方』という本に掲載されていた、「良い猫の見分け方」に基づき、1匹1匹丹念にチェック。そして、ぼくに白羽の矢が立ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

どや顔をする猫04

 

すごいでしょ?

選ばれしニャンコなんですよ、ぼく。

 

ご主人様曰く、

決め手は…

 

お尻の穴が

綺麗だったこと。

 

だそうです。

 

…お、おん。

 

 

これが2009年5月2日のことです。

その後2010年にお嬢様、2012年にお坊ちゃんがお生まれになり、お嬢様がお生まれになる時に獣医さんから言われた「子守りニャンコになるんだよ」という言葉を忠実に守り、今日も子守りニャンコという仕事を遂行しているのであります。

 

 

 

第二部:今のこと

 

もうとにかく話題は尽きなくて、全部知りたい方は「ネコの話シリーズ」をご覧くださいね。102記事あります。笑

「102記事も読めないよぉ!」というそこのアナタ!ご安心ください。選りすぐりのネタだけを、下記にまとめてみましたのでご覧ください。

 

 

 

その1:短毛の日本猫なのに2ヶ月に1回トリミングに行く、おしゃれキャットだ。

 

そうなんです。

ぼく、おしゃれキャットなんです。

1回6000円のトリミングに、2ヶ月に1回行ってます。

きっかけは、お坊ちゃんが、猫アレルギーだと判明したこと。

えぇ、それはもう、ご主人様たちはショックを受けてらっしゃいました。なにせ、小児科の先生から渡された紙には「猫を飼うのをやめましょう」と書いてあったのですから…。

でもこの2ヶ月に1度のトリミング(シャンプー)と、高機能空気清浄機を導入されてからはお坊ちゃんのアレルギー症状はあまり現れなくなりました。是非ご参考になさってください。猫アレルギーの原因は、猫の毛ではなく、猫のフケだそうですよ。

猫アレルギーと息子が診断されても猫を飼い続けた話。~短毛の日本猫ですが2ヶ月に1回シャンプーに行きます~

 

 

その2:おまたにブラックスポットがある猫だ。

 

ぼくの体型的な特徴はコレだと思います。

このブログを書いた後に、ご主人様のお友達のトリマーさんから「タマタマに毛が生えているコはよくいるので、それでは?」というご指摘をいただきました。

…なるほど。ぼくはタマタマを取りましたが、その痕跡はこのように残っているのですね。…それにしてもまぁ、上手いこと、黒い毛が、ここだけ生えたこと。お陰で中身がなくなった後も、ブラックスポットとして格好のピンポイントスポットになってますからね。詳しくは下記リンク先をご参照ください。

【猫/去勢/痕?】よく触られちゃうんだよね、おまたにある謎のブラックスポット。

 

 

 

その3:新聞反対運動を根気よく行う猫だ。

 

全国に多くの同志がいる「ニャンコ新聞反対運動」。ぼくもメンバーの1匹です。何度もくじけそうになりましたが、根気よく、今も続けています。ぼくの新聞反対運動の様子を下記リンク先で、是非ご覧ください。

【猫/新聞/絶対乗る】猫必見!「新聞に乗るな」と言われた時の対処法。

 

その4:極限状態でも理性を働かせることができる猫だ。

 

これ…今思い出しただけでもゾッとしますね。…てか、昨夜、同じことが起こったんです。でもさすがご主人様「同じ間違いは二度と繰り返さない女」です。ぼくのニャーという声と、ダン!というドアを叩く音に気付いて2階の寝室から下りてきてくださいました。…良かった。

どんな悲劇が過去にあったのか、それでも理性を失わなかったぼくのナイスファイトに、涙ちょちょ切れると思います。ハンカチを用意してどうぞ。

【猫/悲劇】夜中、玄関に閉じ込められちゃったんだよね。

 

 

その5:子どもの夢を壊さない猫だ。

 

はい、ココから先、全てお嬢様・お坊ちゃんネタですよ。ぼくが長男なんでね、いろいろ耐えています。「子守りニャンコ」としてのお役目もありますからね。ぼくが普段どのように「子守りニャンコ」を務めているか、ご覧ください。

 

【猫/ドラえもん/ハッピーセット】子守りニャンコの愛。それは子どもの夢を壊さないこと。

これは序の口。「子どもの夢を壊さない」これ、基本ですね。サムネイル画像で、ネタバレしてますけどね…。子どもたちが、ハッピーセットのおまけで「ドラえもんの鈴」をもらってきた時の対処法です。

 

 

 

 

その6:オブジェにもなれる猫だ。

 

もちろん、何か乗せられている時には極力動きません。そうすることで、子どもたちの心は満たされるのです…。

このブログはお坊ちゃんに奪われて、お坊ちゃん自ら書かれたものですね。カタコトですけど、まぁ、なんとか読めますので、ご覧下さい。

猫を使った、簡単オブジェの作り方【講師:ソミヤの息子3歳】

 

 

 

 

その7:長さを測られることに慣れている猫だ。

 

ちなみに、こういうイレギュラーなことにも対応します。基本はじっとしていることですね。動くとトラブルを招きます。ひたすらじっと、じっと、じっと耐える。時が解決してくれますからね。

【猫/子ども/珍画像】動じない猫パート3

 

 

 

その8:お坊ちゃんからの深い愛情を上手くかわすことごできる猫だ。

 

そうなんですよね…。

お坊ちゃん、ぼくの事が好きなんです、すごく。

だから、時には際どいところまで迫られることがあるんです。そんな時、ぼくはこんな風にかわしています。同じようなお悩みをお持ちの猫さんのお役に立てればと思い、書きました。どうぞ。

【猫/こども】強く迫られた時、こうやって対処してるんだよね。

 

 

 

 

その9:「NO」と言える猫だ。

 

もちろん、キッパリと「NO」を伝えることも重要です。

このブログは、なかなか「NO」と伝えられない猫さんのために書きました。

タイミングと強い意志がポイントです。どうぞ。

【猫と子ども】猫必見!子どもに「NO」を伝える方法。〜コカバの顔も三度まで〜

 

 

 

その10:子どもの情操教育を担っている、という事を強く意識している猫だ。

 

たまに、失敗してしまうこともあります。

つい、つい手を出してしまうことが。

そんな時は、その直後に深く反省します。

そうだ、ぼくは、この子たちの情操教育を担っているのだ、と。

 

これは、このことを強く感じた出来事でした。どうぞ。

【猫/子ども】ついしてしまった仕返し。その結末が衝撃的すぎて反省した話。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ぼくがいかに優秀な「子守りニャンコ」であるか、お分かりいただけたかと。

今年2017年も、引き続き、優秀な「子守りニャンコ」の務めを全うしたいと思います。

 

 

 

キラーンコカバ

キラーン★

 

 

 

 

今日お伝えしたいことは、以上です。

ではまた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくの飼い主ソミヤは、

ここで働いてます↓

株式会社ウィザップ

ちょっと変わった変な会社です。

だから私にピッタリです。

あはは(´▽`) ♪

…と言ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

パンフなどの印刷物や

webサイトの企画編集、

取材や執筆のお仕事をしているらしいです。

「うちの日常も楽しく切り取って!」

「広報・PRのいいアイデアない?」

「うまくまとめらんないんだけど!この思い!」

お気軽にご相談くださーい( ´ ▽ ` )ノ

…と言ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソミヤのことをもっと知りたい!

と、思ったアナタ。

コチラです↓

ソミヤFacebook

子どもやら猫やら

いっぱい出てきます。

お友達申請はメッセージ付きで

お願いします(´▽`) ♪

(子ども投稿はお友達限定です♪)

…と言ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

つぶやきもしてるみたいです。

ぼくの萌え画像も

よく配信されています。

(ↀᴥↀ)もへもへ〜

フォローハー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://twitter.com/somiyan1980

ーーーーーーーーーーーーーーー

インスタもやってるみたいです。

おもしろ子ども作品満載ですって。

まぁ、気が向いたら見てやってください。

ぼくは出てないみたいですけどね…(ↀᴥↀ#)

フォローハー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/somiyan1980/

 

0PEOPLE