小学校3年生の足し算・引き算の考え方に戸惑う母。

 

先日、小3娘から算数の問題を質問されたのですが、問題自体は単純な足し算・引き算なのに、そのプリントで推奨されている「考え方」が理解できず、思わず「わーなんだこれー!狐につままれたみたい!何これー!どういうこと?!」と騒ぐ私。

 

確かこんな問題でした。

 

よく分からない小学3年生の算数の考え方

 

「キリの悪い数字を計算する時は、キリのよい数字にするために数字を足して計算するといいよ」という「考え方」のようでした。

これ、足し算の時はよく分かるんです。

余計に足したわけだから、その分を引けばいい。

 

 

ところがこれが引き算になるとちょっとややこしいんですよね。

ほら…

 

よく分からない小学3年生の算数の考え方

 

 

娘はこの考え方で解くように指示があった問題の、引き算をことごとく間違えて帰ってきて、私に「ママ、引き算の時はどうするんだっけ?足した分引けばいいんだっけ?足せばいいんだっけ?」と聞くのです。

 

んん?

んんん?

 

引き算の場合は、「余計に引いてしまった場合」も出てくるし、「余計に足してしまった場合」も出てきますよね?

だから結局、このキリがいい数字にするために足した数の「差」をまず認識して、それが「余計に引いてしまった」のか「余計に足してしまったのか」を考え、「余計に引いてしまった」のなら答えにその差を足し、「余計に足してしまった」のなら答えからその差を引かなきゃいけないんですね。

 

つまりこういう事…

よく分からない小学3年生の算数の考え方

 

なんか余計に分かりにくくない?!笑

余計な計算しなきゃじゃん!

ふつうに筆算した方が早いよ!

 

…と思いました。笑

 

 

…という感じで、結局15分後くらいにはこの「考え方」と理由も理解でき、娘の疑問も解消されてスッキリしたのですが、最後の最後に娘が一言…

 

 

 

「ママ、きつねにつまみ出されて大変だったね」

 

 

 

そりゃ大変だわ。笑

 

 

 

以上、ウィザップパートのおばちゃん、自称「日常を楽しく切り取る企画編集者★ソミヤ」、「子どもの話」シリーズでした。

 

 

今日お伝えしたいことは、以上です。

では、また明日。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソミヤここで働いてます↓

株式会社ウィザップ

ちょっと変わった変な会社です。

だから私にピッタリです。

あはは(´▽`) ♪

ーーーーーーーーーーーーーーー

お客様の目的に合わせて、

パンフレットやWEBに掲載する内容を考えたり

情報を伝わりやすく整理したり、

その過程で取材や執筆をしたり、

デザインを考えたりしています

( ´ ▽ ` )

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソミヤのことをもっと知りたい!

と、思ったアナタ。

コチラです↓

ソミヤFacebook

子どもやら猫やら

いっぱい出てきます。

お友達申請はメッセージ付きで

お願いします(´▽`) ♪

(子ども投稿はお友達限定です♪)

ーーーーーーーーーーーーーーー

つぶやきもやってます。

たまに毒を吐いてます。

フォローミー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://twitter.com/somiyan1980

ーーーーーーーーーーーーーーー

インスタもやってましたよ。

おもしろ子ども作品満載です。

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪

フォローミー♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/somiyan1980/

ーーーーーーーーーーーーーーー

愛猫コカバ生前のニャンスタグラム。

(ↀᴥↀ)ふふふふ…

フォローヒム♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/kokaba_channel/

ーーーーーーーーーーーーーーー

愛猫コカバ生前のつぶやき。

(ↀᴥↀ)ふふふふ…

フォローヒム♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://twitter.com/kokaba2017

ーーーーーーーーーーーーーーー

0PEOPLE