関連記事一覧は横着せず、関連性の高いリストを提供する方がいいと思う

かっちゃん(サッカー馬鹿の勝村大輔さん)に、検索対策などあったら教えてね〜と言われて、ソッコーで書いたメッセージを、変だったところを修正しつつ晒しますね。

 

最近かっちゃんのブログに対する情熱が半端ない

 

(ここから)

内部リンクです。

関連記事一覧の精度を高める案です。

ブログによくある関連記事は、表示されている記事と同じカテゴリーから、記事をランダムでピックアップするのですが、読者視点で考えると、機械的でやさしくないんですよ。

それがずっと気になってまして(だから最近はフツーの関連記事一覧は設置しません)。

Googleも、内部リンクの充実は推奨している感覚があるので、そこで、記事末尾に関連記事をしっかりとリンクを貼って誘導するのがいいかもしれません。

読む読まないはどうせ読者に委ねられていますし。

ある記事を最初に読んだら、次はこの記事、こちらだったらこの記事ってシチュエーションがあると思うんです。著者が読者のことを考えたらそう思うことがあるはずです。読者は基本的に日付順に読むことになるけど、ブログは日付順に並ぶため、間に違うテーマの記事が入りやすいし、記事が上がるにつれ記事一覧から隠れてしまうので、目的の記事が見つかりにくくなるってもったいない。

で、通常はそれがカテゴリー一覧なんですけど、記事が増えてくると知りたい情報がすぐ見つからない可能性が高まります。そのため、カテゴリーの細分化が必要になると思います。カテゴリーの乱立はさけたいところですけどね。複雑なカテゴリーリストは、読者の読みたいという気持ちの強さによりますが、めんどくさくて使われなくなることも想像します。

ということで、記事末尾に、関連記事をリンクし、丁寧にガイドするのが1案ですね。

あと、ブログ講座であれば、○○編毎に固定ページを作って、いわゆる記事を扉化するイメージです。
扉ページになれば、SNSでシェアし、ランディングさせやすくなりますね。

これまでは、記事毎にばらばらにシェアしていたのをまとめることで、再活用もできると思います。メルマガと同じ狙いもあると思いますが。

(ここまで)

さて、こういう一覧はクリックされているでしょうか? (押されているならOKっす)

というような、アドバイスを送ったところ、かっちゃんはさっそく記事末尾に関連記事をガイドするようにしました。

記事の末尾に関連精度の高いリンクが置かれるようになりました。

例えば、上の画像の記事を読んだ人の19%が、かっちゃんがオススメした記事リンクをクリックしました。

検索順位の影響をまだ確認できていませんが、やらないよりはやった方がよさげだと思いませんか?

 

というように、制作だけでなく、あなたと一緒になってブログの制作側の視点からアドバイスすることもサービスとしてやりたいと思っています。僕でいいという方はご依頼くださいね。経験を積みたいです。僕が作っていないブログでもこのサービスはできます(価格は応談)。親身になって、好き勝手に言わせていただきます(笑)

0PEOPLE