小さな成功体験を実感させてあげたい

若い方を見ていて、やってよかったと思える仕事を与えられているのか、不安に思うことがある。

若い人のやるべきことは、まずスキルアップだから、実感できるようになるには先かもしれない。
そして、お客さんと接する機会は少ないので感謝の言葉をいただくことが少ない。
だから、やってよかったと思う機会が少ないのは仕方がない・・・

しかし、それでは刺激がなくて、淡々とした日々になってしまいがちだ。

自分の仕事が役に立っていると実感してもらいたいと思う。
それが必要だと僕は思う。

彼らには丁寧にレールを敷かなければいけないのかもしれないと度々思った。
自分からガツガツやる人は珍しかったから。

育たないと嘆く話はどこにでもあるけど、それは、小さい成功体験をさせてあげられないからではないかと考え始めた。
会社や先輩の方が反省しなければいけないのではないか?

小さくても成功体験を実感できたら誰だって伸びるような気がする。

この仕事の、何が楽しいのか嬉しいのか、それをいかに体験させることができるか。
小さい成功体験を実感できるレールが必要だと思う。
それが仕組み化できていたら本当に素晴らしい。会社の未来は明るくなる。

レールに乗れたら、仕事を全力で頑張ってほしいとか五月蝿く言わなくても、自然とお客さんのために頑張ろうという気持ちが芽生え、行動が変わるだろう。コミュニケーションも増えるだろう。

小さい成功体験をできるだけ早く重ねていき、心からやってよかったと思える仕事に出会ってほしいと願っている。これでもね。

0PEOPLE