SNSを少し離れただけでもWebサイト・ブログの閲覧数は激減するよ

ようでんWebマスターのハカセです。

今日のブログはいつもより荒ぶります。ご注意ください。

 

ようでんの忍さんがインフルエンザにかかり、8日から仕事やSNSを控えていました。

そして昨日、ようでんWebサイトのアナリティクスを開いたところ、恐ろしい結果が出ていたことに気づきました・・・!!

 

次の図は、ようでんWebサイトの1カ月間のセッション(乱暴にいうと見た人の数)の推移です。

分かりますよね?!

8日からセッション、ページビューが急下降しているのです。

急激な下り坂なのでセッションのK点(危険点)越え。ああ恐ろしい。

 

この事実は、説得力、破壊力がある。

Webサイトやブログは、SNSを使わなければ見てもらう機会ががくっと減ってしまうのです!!(キーワード検索流入重視のブログは別ね)

分かったか!SNS活用否定者どもよっ!!

はっ、つい荒くなってしまった。

 

本当に、Webサイトを育てる気があるのか?会社を応援したいのか?

ブログを書く、そしてシェアすることが見てもらうためにまず必要なんだよ。

それをしないなんて、最初からあきらめているようなものだ。

まぁ、SNSを会社のためになんて頑張りたくないのが本音だろうな。

はっ、また荒くなってしまった。

 

 

SNSは麻薬のようだ。

今回のグラフを見てわかるとおり、一度使ったら使い続けなければいけないということだ。

やめたら、たとえ人気者だとしても、広大なネットから存在がどんどん薄れていく。

僕らは走り続けなければいけない・・・気が付いたら止まるわけにはいけないレースを始めていた!!

駅伝のように、つなぐこと、そしてペースを守ることが本当に大切だと改めて思い知らされた。

そして箱根駅伝の青学大のように、楽しさを持ちたい。それが続けられる力になる。

そんなことを無理やり思った書き殴りブログでした(笑)

0PEOPLE