Facebookのブログシェアカードデザインが変わったことを考えてみた

下書きにしていたら激しく時期を逸しましたこの記事。でも公開します。

 

Facebookスマホアプリ内のブログカードのデザインが変わった!

Facebookのブログカード(シェアしたリンクのボタン)の表現が変わりました。細かい話ですけど(笑)

それを見て感じたことを書いてみます。

 

表現は次のようになりました。

まず写真。

 

そしてブログカード。

 

フラットデザイン(簡単にいうと、余計な装飾をしないデザイン。影とか立体感を付けない意匠)を突き進めて、ボタンらしい表現がなくなりました

フラットデザインはカッコいいのですが、押せる押せないが曖昧になりやすくて、作る側にとってはバランスを取ることが難しいのです。

今回、画像が幅一杯になって迫力が増したという見方もできますが、写真投稿との差が減ってしまったと感じました

ブログの場合は、テキスト部分の背景色が薄いグレーになって区別は一応できるけど、写真投稿との見分けがつきにくく、クリック率が下がるのでは?と予測しました。

 

ちなみに、パソコン版は少し影がついているデザインのままです。

 

ブログを読んでもらうための工夫?

ということで、ブログを開いてくれるか、気になる方には、

  • 読みたいと思わせる誘導文の工夫
  • アイキャッチ画像の工夫

が施策として考えられます。まぁ何も新しくないですけど(笑)

 

特に気になっているのは、アイキャッチ画像の工夫。

自分が映った写真の方が効果的じゃないか?
風景等や図の場合は、ブログタイトルを含めるのバナー化が効果的じゃないか?

と思いました。

自撮りはこれから減少する可能性がありますが、風景写真など当たり障りないものをアイキャッチ画像にしているなら、写真に自分が入っていた方が、お友達の目に留まりやすい。

自撮りを使った方が、フィードの流し見スクロールで指を止めてもらいやすくなるし、もしくは、ブログの記事タイトルを入れるなどの画像加工を足せば誘導力を維持できるかもしれないと考えました。

なんて考えましたが、やるのは大変ですね。ここまで書いてきましたが、気にせず今まで通りでいいかもしれません(笑)

 

以下、ついでにFacebookのことをもう少し考えてみました。

 

Facebookは、Facebookの中にいてほしい

今回の変更が行われたのは、以前ザッカーバーグCEOがFacebookの見直しを宣言していて、最近Facebookページの投稿が表示され難くなった=リーチが激減していることと関係があるのだろうと思いました。

Facebookは、【ニュースフィードの表示を、友人や家族中心にする、企業の発信は減らす】と発表しました。

Facebookは、Facebookの中にずっといてもらいたいのですね。たぶん。だからブログのシェアは積極的ではないのかと。
・・・といいつつ、Facebookアプリって優秀ですよね。ブログ記事を表示したまま、いいねもコメントもできるからこの推測は間違っているかもしれませんけど。

 

自社Facebookページの必要性を考える

最近、元部下が当社Facebookページ担当をやっています。

先日、Facebookページの話題になり、

「企業の発信は表示されにくくなったみたいで、リーチが激減してしまった。このまま続けていても、新規顧客接点は増えないのでやめたい。」

と言いました。冷静でいい判断だと思いましたが、

「無駄なものはやらない方がいいと思うけど、今つながってくれていて、いいねしてくれている人は、まぎれもなく当社のファンだと思う。だから、余力があったら淡白になってもいいので投稿は続けたらいいと思う。」

と言いました。

やっている価値がなかったら、続けていても意味ないですからね。

発信担当部署の方々が、Facebookページに関わる意識を持つことがまず課題ですね。担当者がやりたいか、やらされているかで、Facebookページの活気も変わると思います。

僕の感覚でしかないかもしれませんが、個人のつながりが強いその人が書いているFacebookページを読むことはありますが、つきあいで押したページの投稿はスルーしがちです。投稿数も減っているしね。関係性がないと厳しいと思う。

やはり、会社の発信は基本的に興味がないのです。読んでほしい人が喜ぶ内容じゃなければ一方通行の発信になってしまう。ただの内輪ウケや自己満足になっていないか気をつけたいですね。

 

結局、人気者になるしかない

先日、お友達の社長さんが、ブログをシェアしても前みたいな勢いでいいねがつかなくて恥ずかしくなったと仰っていました。よかった、僕だけじゃないみたいです。

僕は、全体的に利用時間というか、常駐時間が減ったのではないかと感じています。投稿の表示順位もFacebook内の関係性の強さで決まっているのだから、自虐的にいってしまえば、ますます人気者しか生き残れない状況になっただけではないでしょうか。何をすべきか、答えは出てしまっている気がします。

とはいえ、まだまだ使われるFacebookなので、その中にいないと、感覚は持つことができませんので、明らかに廃れたと思わないかぎりは、中にいたいと思っています。

0PEOPLE