愛されたMacBook Air

制作マシンは、しっかり作る時はデスクトップだけど、普段はノートが身軽でいい。

そして、MacBookがやっぱりカッコいい。

こんにちは。Webマスターのハカセです。

 

 

お昼過ぎ、オクノヤさんからメッセージが入りました。

Apple Storeにいるけど、どうしたらいい?という話です。

 

実は、前日のTANSUIT画像作成の後、連絡がありました。

 

ついに役目を終える時が来たか・・・と思いました。

 

 

 

 

 

このMacBook Airは、どんな時もオクノヤさんを支えていました。

 

 

 

スマホがない時のMacBook Air。

 

 

後にも先にも、こんなMacBook Airを見たことがありません。

 

 

全編はこちらをご覧ください。

たまに自分がオモシロすぎてビックリする事があります。 | 短パン社長 奥ノ谷圭祐

その後、時期は忘れてしまいましたが、コーヒーをこぼしたことで、MacBook Airはキーが反応しなくなりました。

その時は、キーボードビューア(画面の中にあるキーボード)の存在を教えることで凌ぐことができました。

そのやりとりをしている時も、僕は思ったものです。

「すぐ買い替えようとしない、物を大切する社長さんなんだ」と。

毎日の投稿はキーボードビューアを使っていたのです。

それから今日まで、MacBook Airもよく働き続け、耐えてくれたと思います。

あれだけ使ってもらえたらMacBook Airも本望でしょう。

 

 

さて、in AppleStoreのオクノヤさん。

陽田さんからオススメされたMacBook Pro(のスペック)はカスタマイズモデルのものでした。

Macの難点は、カスタマイズ(性能アップ)は基本的に通販のみなところ。

一般市販モデルは、スペックがちょっと物足りないのです。

だからネットで買うことを提案しましたが、出張が始まるのでどうしても買って帰りたいとのことでした。

 

となると、店頭モデルの一番いいやつにしたい。僕のじゃないけど、そうしたくなる。速い方がいいに決まっているから。

しかし、その在庫が無く、どれを買えばいいかが分からなくなってしまったのです。

 

 

自分のマシンでないけど、せっかく買うならということで、いろいろメッセージを送りますが…

こうなっちゃうよね。

Apple Storeさん、フラグシップ店なら在庫を切らさないでほしいものです。

 

 

というやるせない時間を経て、ついに・・・

初MacBook Pro、おめでとうございます!

そしてお疲れMacBook Air!

0PEOPLE