Photoshop よりも Fireworks の方がいいところ

こんにちは。ハカセです。

今回の記事は技術的なものになります。

 

実はアイロンがけの後、さらに手間をかけていました。簡単にいうと「切り抜きの精度UP」です。なんのこと?という方はこちらをどうぞ↓

アイロンがけ職人になる

 

あ、そういえば、今月から画像のピクセル数を2倍にしました。だからスマホで見た時のシャープさが違って見えたはず。

その効果はすぐに出て、女性ファンの反応がとてもよかったです。気付いた方がいたのも驚いたよ(笑)

Web マスターもいい反応をもらうと嬉しいです♪

 

はい。tanpan.jp の画像たちは、先月まで Fireworks(画像編集アプリケーション)を使っていましたが、パソコンを新調したことだし、いい機会なので今月から Photoshop に切り替えました。

Photoshop も Web 向けの機能を載せていますもんね。Photoshop マスターじゃないから詳しく語れませんけど。

 

で、ファイルを作り、最終工程の Web 用に保存をやってみたんです。

そうしたら・・・画像のキワが汚いのです!! これはゆるせない。

いろいろ設定を変えて分かったことは、PNG 8 ではどうやっても汚いということ。

ということで、比較画像をどうぞ。左が Photoshop、右が Fireworks で書き出したファイルです↓

ね。抜きの処理が全然違うでしょ・・・

 

Photoshop での解決策は、24ビットにすることですが、それだとファイルサイズが増え過ぎますし・・・

Fireworks の PNG 8 ビット書き出しの方が素晴らしい。

Photoshop の PNG 8 書き出しなんとかしてくれないかなー・・

 

ということで、この問題が解決するまで Fireworks はまだ現役になりそうです。

本当は Photoshop だけで完結したいところ、効率的だから。

でも、毎月楽しみにしているファンの方がいることを知っているので、こだわっていきたいと思いますよ!

ではでは。

0PEOPLE