物販楽しそうだからやってみたいよね

タイ帰りの営業2人と絡んだことを書こうっと。

今回も軽いですよ。よければ読み進めてください。

 

 

まずお一人目は、カイトさん。

ある案件の売上を上げていいですかと聞かれたので、11月かなーと答えようとしたけど、そういえばと思って、タイ帰りだからタイ語で返しました。

 

 

少しは楽しんでいただけたようです(笑)

このぐらいの遊びならいいよね。

最近、カイトも熱いブログ書いているからなーーー

彼のいいところは真面目さもあるところ。突き進めるところ。

突き進むやつは惹きつけるね。

 

彼をフォローするなら、自分ものって、自分を変える気概は必要だと思う。

なぜなら、分かりやすくズバリいうけど、彼が養ってくれるわけじゃないもの(笑)救世主って期待しちゃうよね。でも依存だよね。自分はどこにあるのか。

各自が、俺もやってやる!って気持ちになって、自ら行動しようよってこと。

 

 

はい。もう一人は、残業の時やってきたカツミさん。

タイのお菓子のお土産を持って来てくれました。

毎度口数は少ないけど、話すと、内に秘める強さを感じるんだよね。

 

タイのことを聞いてみました。

そうしたら「物販が楽しかったんです」と言ってきた。

タイのイベントは大盛況だったらしく、クリアファイルを無料で配っていたら、すぐに足りなくなることが分かったので、途中から「販売」に切り替えたらしい。

そうしたら意外と売れたらしい。それが楽しくて、またやってみたいと思ったんだって。

楽しいよね。売れるって。

「利益がでる前提だけど、だったら毎週タイ行けばいいじゃん。それが好きを仕事にするってことだよ?」

という笑い話をしました。

僕も、仕事でチェコとか行けたらいいなぁとか思いますもん。そのために仕事を結びつける行動する。それが好きを仕事にするという形の1つだと思います。

 

 

さて。僕も、この会社に入って長いけど、たまに物売りたいなってジレンマを感じることが多々ありました。

研修でPOPの事例などを学ぶと、やっぱり実践してみたいなって思う。

だから物販いいよね。もうさやっちゃおうと彼と盛り上がれた。

それにしてもいいなって思った。タイに行って何か刺激を受けてきたようだ。

もう一人は接点ないから分かりません(笑)

 

 

今期はもう始まっているけど、印刷やWebサイト制作にこだわらなくていいんじゃないかと思っています。

当部でも、先日会議を開いたのだけど、施策に何か売るとかアリですか?という声も出た。

よく考え、同意を得て行かなければいけないけど、それもいいと思う。

僕らは利益を出すことが大切です。見込みのない事業であれば、いつまでも執着していてはダメなのだ。守りたいにしても、縮小か、何か意味合いを変えていかないと、バッツリなくなる日がくるかもしれないのだ。

 

僕も、我が部の事業を新しい何かにシフトさせたいと考えております。

ではでは。

0PEOPLE