記事タイトルは検索エンジンよりも人に向けて考えればいいと思う

こんにちは。Webなんとかのハカセです。

 

アメブロからWordPressに移行したら、アメブロは止めていい

上の記事に続き、またアケブロ、明星社長ブログネタになります。

 

先日、明星社長がブログをアップしました。

その時のタイトルは

常識を疑え!そもそもZEHって必要なの?

でした。

 

記事タイトルを見た時、( ZEHってなんだ?)と思い、URLをクリックしました。

そうしたら、ZEHの説明が書いてあったので、勉強になりました。

ZEHの説明がなかったら、僕は不満が残ってキーワード検索したと思います。

 

で、ZEHとは「ゼロ・エネルギー住宅」なんですって。

ゼロ〜の方はなんとなく目にしたことあります。ZEHは見たことがなかった。

だから、タイトルが上のままでは勿体ないと思いました。(ZEHが一般的だったらすみません)

 

ということで、明星社長にメッセージしました。

ZEHってなんだろ?と思い、読まなければ!となりました。それを意図したなら成功です(笑)

でも、ZEHの後ろにカッコ書きでキーワードを入れておくことで

「ZEHってゼロエネルギー住宅のことだったのか〜」
「ゼロエネルギー住宅のこと知りたかった」

と思う人もいるはずです。

タイトルにキーワード(ゼロエネルギー住宅)が入っていた方が、ヒットする・クリックされる可能性が高くなると思うので、ZEHの後ろにカッコ書きで入れませんか。

という(ブログ用にかなり整理しましたけど)メッセージを送ったら、すかさずタイトルを修正してもらえました。ありがとうございます!

ブログタイトルから相手を意図する

このやりとりで、ブログタイトル1つでも「人を選ぶ、伝える」ということができる、と改めて思いました。

カッコ書きがなかったら、ゼロエネルギー住宅に興味がある人はクリックしなかったかもしれない、ZEHって関係ないかもってクリックしなかったかもしれない。あくまで僕の思考ですけど。

ZEHで検索してくる人はどんな人か、アケブロが想定している読者なのか考えてみるのも面白くなってきます。

タイトルは、読まれるかどうかと、検索に関わるから大事

【ブログのタイトルは重要】って、SEOを調べるとよく出てきます。

タイトルの考え方はググれば、結構な数がヒットしますし、ここで網羅する元気がないのですが、僕は大切なのは「検索エンジン」よりも「人」を相手にすることかなぁと思っています。

何文字とか(長すぎたらダメだけど)、キーワード数を◯個とか、テクニックは見つかりますけど、その発想が検索エンジン、ロボットに向けたものになっていないか。人に向けて考えたいなぁと思っています。

人に読まれやすくということは、興味を引くような、欲求にあうようなものを考える。その結果、タイトルには検索キーワードが自然に含まれるでしょう。

 

今回の話で、明星社長がタイトルにこだわるようになってくれたら嬉しいです♪

0PEOPLE