人のスライド構築作業は楽しいかも

こんにちは。1時間話すと、実は3分の2ぐらいで疲れを感じているハカセです(苦笑)

そういう体力はないんだろうな。

 

 

さてさて、月曜日の話ですが、ナステビュウ湯の山の社長さまが来社しました。

今回は、ウェブサイトの打ち合わせではありません。

依頼内容は、研修発表用スライド構築サポートです!

 

 

社長がいま受けている研修は、講演を意識した発信力を身につけるものです。

月1回、半年の長丁場。

社長いわく、作るスライドが毎回、散々たる評価だったそうです(苦笑)

・・・なんだか悔しいですね。

だから、「よし、今日はストーリーを完成させるぞ!」と気合を入れました。

 

 

ということで、まず、ストーリーの構成を確認!

要素を整理します。ここで、どんな話にしたいのか大枠をつかみます。

それから、一番伝えたい想いをヒアリング。

大方の流れを決めたら、ホワイトボードに書いていきます。

 

IMG_2801

字が汚くてごめんなさい。

 

1つ1つ確認しながら、こんな感じで言ったらどうですか?などなど、ああだこうだやっていきます。

作業をしていて、他の人のストーリーながら、ワクワクしている自分を感じていました。

 

こうしたら興味を持ってもらえるんじゃないか?

スライドはこうやって切り替えたらウケるんじゃないか?

研修当日の映像を浮かべながら、アイデアを出していきました。

 

そうか・・・記事を書いていて気付きました。

社長は、そういう気持ちが湧かなかったのかもしれません(理由は知っているつもりです)。

先生や同期を、楽しませよう、指導に応えよう、もしくは、見返してやろうという気持ち。

 

そういえば、私も、同期の仲間も、そうだった。

刺激し合って、高めて、合格まで頑張った。

ああ、懐かしいな。

もう劇はやりたくないけど(笑)、またやってみたいなぁ・・・

あ、私の話になってしまいました。

 

 

話を戻して、エクスマのスライドには、

まくら・つかみ > 自己紹介など > 挫折 > エクスマと出会う > 実践 > 成功 > 気づき・結論

という基本パターンがあるのですが、誤解を恐れず言うと、食傷気味になっている自分がいます。

だから、ぐっと響くように工夫がいると思っています。自分も大してできていないんですけどね・・・(苦笑)

 

今回は、そういった印象が残りにくく、弱いだろうと感じていました。

最後の話が、悪くはないのですけど、なんというか・・・普通、だったのです。

社長だからこそ言えることではない気がしたといいますか。

なので、この話を串刺しにするテーマを再確認することにしました。

 

社長には、自分と会社を語る上で避けて通れない話があります。

みなさんが聞きたくなるのは、やっぱりソコではないでしょうか?と提案しました。

社長のブログもずっと読んできましたし、社員さんとの関係、そして、内情を聞いているからこそ踏み込ませていただきました。

 

そしてそして、はしょらせていただきますが、無事、見付けることができました!

お互い納得いくテーマが見つかって、やった!って喜びました。

 

頼んでよかったと喜んでいただけたのが、私も心から嬉しい・・・

 

IMG_2804

ミッション、コンプリート。

 

いや~~、人のスライド作るのって、楽しい!!

4時間ぶっとおしたから、疲労感も大分ありましたけど(苦笑)

 

さあ、あとはスライド作成です!

 

ここまで来たら、スライド作成も私がやりたかったけど、自分でやるということになりました。

でも、大丈夫かなぁ・・・。

作ったら送るわぁと言っていたけど、このブログ書いている現在も送られてきていない(苦笑)

やっぱり作ればよかったかなぁ・・・。

ここまでやると、私も承認欲求がでます(笑)

私のスライドと同じクオリティを保証しましょう!

 

 

次回は最終回。本番発表。

どうか、やれるだけやって、みなさんにやったじゃん!と言われてもらいたい。

もし、ストーリーがダメだったら、私が反省します!!

 

そして完成させましょうね。

社員の前で、ぜひ講演していただきたいです。

それだけ価値がある話だと思います。

 

社長の想いって・・・口に出して、伝えてもらえないとわからないです。はい。

0PEOPLE