FTP情報なしの WordPress サーバー移転。記事移植は BackWPup プラグインが便利だね

今回は、WordPressに関する、当部署向けの記事になります。

 

WordPress ブログの移転作業がありました。

今回は、FTP 情報(WordPress のファイルを、ダウンロードするための情報)、データーベース情報がない中での作業です。

ツールのインポートに失敗する

FTP を使ったファイルコピーができないので、WordPress 管理画面から操作を行います。

ツールのエクスポートとインポートを使いました。

エクスポートは問題はなかったけど、インポートがサーバーエラーになって失敗します。

記事や写真が多くて失敗するみたい。

php.ini で処理時間を伸ばしても解決しませんでしたが、何度も実行していたら成功しました。

けれど問題があります・・・

メディア(写真)のコピーも失敗する

  • 写真ファイルをすべてコピーできていない。
  • 記事とのリンクが切れる。旧サーバーの写真のままだったりする。

一度にやるから失敗するかと思い、エクスポートXMLファイルを分割して試しましたが、今度はメディアが一切コピーされませんでした。

インポートはやっぱり完全ではないのか・・・

BackWPup を試してみる

このブログには、BackWPup プラグインが設定されていました。

今まで、サーバーのバックアップ機能にまかせっきりで、プラグインを使っていなかったのですが、このプラグインを使うと、ほとんどの情報をバックアップしてくれます。優れモノでした。気付くのが遅かった。

phpMyAdmin(データーベース)に、ログインできなくても、SQLファイルまで保存してくれます。

これで、写真も記事も無事移植することができました!

スケジュール設定を正しくね

別案件で、このプラグインによるバックアップが取られていたことがあるのですが、前業者さんが設定にミスがあり、容量を圧迫し悪影響が出ていた事がありました。設定は慎重に行いましょうね。

 

今回の作業によって、このプラグインの価値が分かりました。

バックアップ手段の1つとして設定しておくのもいいと思います。

 

これがあれば、前業者さんが意地悪してFTP情報を教えてくれなくても問題なし♪

・・・でもね後腐れなくするためには、素直にスッキリ引き継ぐようにしましょう。

僕らもそうしていきますよ。ではまた。

0PEOPLE