店員が自分事で考えているお店は強く素晴らしい

松之山温泉 日帰り温泉 ナステビュウ湯の山に、Webサイト打ち合わせに行きました。

打ち合わせの中で、社長さんから経営者視点のお話しを聞くことができ、大変勉強になりました。

IMG_0911

ナステビュウ湯の山に入ると、若い女性スタッフの方達がきびきびと働いているのをよく目にします。社長さんはそのスタッフの方達を、どこに行っても恥ずかしくないと大変褒めます。

残業の話になり、「忙しい中での価値ある残業なら大いに結構。そうじゃない残業は無駄がある」と仰っていました。普通なら社長や管理者さんが言うところですが、スタッフ同士で注意しているそうです。攻撃的ではなく、無駄をなくそう、もっと効率良くできるんじゃないか?という気持ちからくるものでしょう。そんなムードが出来上がっていることに関心しました。

人員数についての話も出ました。社長さんは少数精鋭で運営したいと仰っており、館の経営状態も開示しているそうです。こういう状態だからボーナスもこうだって見せているそうです。説得力がありますね。私も、社員であれば自社の経営状態を知るべきだと思っています。借金経営なのか、黒字なのか赤字なのか知った方がいいでしょう。

社長さんも、エクスマと出会った頃は最悪の状態だったそうですが、そこから試行錯誤をしていくことで現在は黒字になったと仰っていました。

社長さんは自らも率先して動いています。自ら動く背中を見せてらっしゃいます。

そんな社長さんの元で、スタッフの方々が少数でもしっかりやろう、利益を出そうという気持ちになっている。大変なことも大いにあると思いますが、素晴らしいと感じました。

一人ひとりが経営に意識を持って、頑張っている。自分事として考えて行動できている。そういう組織は強いなって思いました。

ちなみに、秋になったらエクスマエヴァンジェリストコース行くそうです。失敗からの成功、スタッフとお客さまの関係性・・・いいストーリーが期待できます。めざせ講演!ですね。

 

さて・・・長い制作期間を経て(笑)、やっと公開が見えてきました。

社長さんは66で引退すると今後の計画をお話しくださいました。その日までお力になれるように私も頑張ります。

0PEOPLE