修正に対する心構え、減らす工夫を

デザイナーをやっていると「修正」で悩むことがある。

指示によっては 時に(ダサくなる…)と思いながらのもの。

酷いと これまでをひっくり返えすようなもの。

それが理不尽であればあるほど 納得がいかないほど、感情的になってしまう。

そんな時のアドバイスは「何事も無駄ではない、気持ちを切り替えよう」と。

私もそう思った。しかし、やさぐれてしまうこともあろう。

 

個人的な『好み』による修正は意外と多く悩ましい。

見る人にとって分かりやすくあってほしいと誰しも望むのに、1人の好みによって強引に決まってしまうこともある。

酷かったのは、1ピクセル単位でもう少し明るくとか(自分でやるのは別です笑) 細かい指示が延々と出されたこともあった。

 

それで目的達成につながるのか? 冷静になって考えるのが大切。

 

修正を繰り返せば、時間は掛かっていく。費用に跳ね返る。

昔はその辺に制限を設けていなかったので大きな問題になった。ボランティアではないのだし、奴隷のような関係性になりやすい。

手順を踏んだ上でひっくり返すほど大幅な修正になれば、費用追加になるのは当たり前だろう。

 

だからこそ、大外れしないように、打合せをしっかりやっていこう。

相手方が一方的に悪いとは言えないのも事実。

そして、デザイナーだけが頑張ればいいというものではない。

制作会社としては、この問題をできるだけ抑えていく努力・スキルが必要。

デザイナーに修正指示を何度も渡して、申し訳ないって苦笑しているだけじゃなくて、自分のディレクションを見直してみてほしい。

デザイナーは決定に至るまでの過程を見せる、意図などプレゼンする。

やれることはあるよね。

 

どうか、やさぐれるだけにしないでほしい。

ブックマークに載ってやる!と野望や見栄を持ったデザイナーの人がいてほしい。

いいデザイナーがいない会社はどんどん衰退していくだろう。

デザイナーを守る、気持ちよく仕事をしてもらう、という気持ちになろう、ね。

IMG_0261

0PEOPLE