好きなお客さんにいいことがあれば、僕らも嬉しい

日曜日。目が覚めてスマホを見ると、当社が担当したアケブロの更新通知が届いていた。

(日曜日だからメロンのことですね~)と思い、リンクを開く。

 

その冒頭に想いも寄らぬ内容が書いてありました!

先日、お客様であり、友人でもある女性経営者さんと電話でお話していて、「明星さんのブログのコンセプト良いよね~。誰に作成依頼したの?(コンセプト考えてもらったの?)」と褒められ・・・

あとは、読んでもらいたいな。

アケブロ「ハンティングはメロンの日課です!

13101501_990868920990789_1938881900_n-340x312

これから家を建てるかもしれない人におすすめです。

 

さっそく、ソミヤさんに教えようと思ったけど、ツイッターやってないので、裏スラミンさん経由で伝えることにしました。

 

そしたら、さすがソミヤさん、魅力的な記事にしました。

ネット上はリアルではないから…というのは間違いかもしれない。

 

うん、よかった。

やはり、お互いにとってプラスになる仕事はいいものです。

嬉しいですね。

 

アケブロのコンセプトを考えたのは彼女です。

私が考えたアプローチは技術的に寄っていたから、そのままだったら違ったものになっていました。

これで、あとは・・・いつか・・・住宅の注文につながったら最高です(笑)

 

 

余談になりますが、

チームで仕事をする上で、大切にしているのは自分一人が作ったような発信をしないこと。

以前、○○さん(だけ)ががんばったという不思議なことを言う方がいましたが(苦笑)、本当に一人で仕事をしている人はこの会社では少ないのです。

もちろん、1人で作った!と言えるものは、そう言いますよ。

年齢や役職が上がると褒めてもらえなくなっていきますから、承認が得られません。少しずつズレたり病んでいきます(笑)

社長やリーダーはなかなか褒めていただけないので、褒めてくれる理解者を持てと教えられるものです。

上司に媚びる、社長に媚びる必要もありません。

与えられた仕事を確実にこなし、期待値を超えていけば、上の人からの評価は得られるでしょう。それが正しい。(私自身は尖る以上、結果で納得させたいし、これまでの成果に自信はございます。)

そんなことなかったよ!というのは、上司に問題があったか、質が伴っていなかったからじゃないかな。

冷静に自分を振り返ってみよ~

0PEOPLE