同じような記事を書いて飽きていないだろうか

1年、いや2年ぐらい同じような投稿していて、何もポジティブな反応がないなら見直しをかけてもいいんじゃないだろうか。

いつかきっと反応が出るからさ!!
というけど手応えありますか?
僕は少ないです。そんな奴がブログ書いていてすみません。

 

2年もやっていたら、自分(あなた)の趣味嗜好は、もう、じゅぅーーーーーぶん、ファンは分かってくれているはずです。

何でも盛りすぎるとお腹一杯になっているかもしれない。読者も自分も飽きていないだろうか?笑
それが分かっている人は、外に出て、アンテナ張って、記事内容を工夫しているんですよね。

続けてきた調子を辞めたら、というつもりはありません。
新規の読者さんが訪れた時にはとっつきやすくて有効だと思っていますし。

日記は広がりが期待できますよね。僕がWebサイト制作の技術的なことしか書いていなかったら、読む人は制作に関係した方に絞られてしまうでしょう。

そして、僕もそうなんですが、大抵リアルの出会いを増やすことをしていないので、思ったより新規の読者さんは増えていないはずです。ネットのみのつながりよりもリアルが混ざった方が安心感が違うと感じています。

あとはブログをビジネスに寄せるならSEOは気にしたいですね。考えていたらタイトルや文章量が変わってきます。

 

さて。日記は無価値かどうか、勝村さんが勝村さんらしい鋭い記事を書かれております。

日記記事は意味がないのか。今一度、検証してみた。<ブログ活用基本講座2019 募集!> | サッカー馬鹿美容師 勝村大輔

 

自分はこう思うとまた書くかもしれませんがブログは、

  • ①日記記事とビジネス記事の2つのブログに分けるか
  • ②1つのブログで混在させるか
  • ③1つのブログでビジネス記事を書いて日記はSNSにするか

の3パターンだと思う。

①がスッキリしますが体力が要りますね(笑)②は普通にあるあるです。③もオススメです。

②は、記事の入り口(見せ方)を工夫しないとごちゃごちゃします。何年も書いていれば記事数も増えていますし、混在していたら目的の情報が探し難い。だからブログデザインって本当に大切です。
入り口を明確にできればあとは自分次第。毎日日記を書くとして、ビジネス記事は気合いを入れた中身の濃いものを書けたら投稿するといいと思っています。

ブログは記事を検索する方法としてカテゴリー一覧とキーワード検索が通常用意されていますが、日記の印象が強いブログはブログ内検索されにくいと思います。毎日読んでもらうことを意図していますから、毎日読まれているし、日記を何度も読み返したいことってそうないですよね。

それからブログを書く多くの人はSNSも活用されて忙しいですよね。だから③もいいかなと。
Twitterを数ツイート発信しておいて夜、もしくは翌朝まとめてFacebookに投稿する。このやり方は前日の出来事日記になりますね。フォロワーには今を知らせることはできるし、いいと思っています。

でも、人気者ではない僕程度の毎日日記はウザいかもしれない(苦笑)僕はですよ、自分が今日何があったとか普通の日記が毎日上がっていたら自分は寂しいのか?と自分にツッコミそうです…(笑)自分だからね。知ってもらいたい!という気持ちが低いことと、自分を完璧に好きじゃないということでしょうか(苦笑)

 

ま〜どのやり方でもいいにしても、毎日、他人にも興味が出る面白みのある行動をしていないと難しいなって思いました。
・・無理だ(笑)

僕は作業過程を、依頼者と僕自身のために、これからも淡々と投稿していきたいと思っています。

 

僕はブログどうしたらいいかと聞かれたら、上のようなことを言うと思います。

0PEOPLE