iPhone 復元エラー 4005 ループ。Mac版 iTunesで復元できた

就寝前、明日の準備をしている時でした。

iTunesから、つなげているMaxの更新があると通知があり、何の気なしにOKを押しました。

そうしてしばらく経ったら、「原因不明のエラーが起きました」と、iTunesが言ってくるではありませんか!!?

マジかよ。iPhone初代から使っているユーザーだけど失敗したのは初だぞ。

 

気を取り直して、更新と復元の2択を迫られたので、とりあえず更新・・・

4005エラー 失敗。

・・・再度抜き差しして、更新・・・・

4005エラー 失敗。

・・・再度抜き差しして、今度は復元・・・・

4005エラー 失敗。

iTunes再インストールとWindows再起動をして更新を試みるも・・・

4005エラー 失敗。

 

iPhoneが真っ暗になってからうんともすんとも言わないから違和感を感じていたんだよね。

やべーどうしよーー時間の余裕ないしなー・・と途方にくれました。

auショップかなり待たせるから仕事進まないし、いやビックカメラに行くべきなのか?と、焦ると冷静な判断ができない(苦笑)

諦めず何度も繰り返しているも状況は変わらず。

 

Webサイトのサポート情報をみても解決ならず。

その時、ふとMacBook Proが目に入り、ダメ元でMac版のITunesで復元やってみようと思ったのです。

 

そうしたら、Mac版のiTunesも同じようなメッセージを出し、それで、復元しないとダメですと言われたので復元してみると、、、無事復帰!!

 

iPhone完全に初期化されてしまいましたけど、なんとか修理に行かずに済んだ。

そして今はWindowsにつないで、9月のバックアップで復元中。

ソーシャルメディアは相手サーバーに残っているからいいとして、Maxにしてから得た写真、動画、ボイスメモ、メール・SMSとアプリデーターが消えたのがやっぱり痛い。

データーは、iCloudかDropboxなどクラウドに保存するのが正しいけど、なんでもかんでもクラウドにおくのも怖いと思っている。

 

iPhoneの復元・更新の際、iTunesは純正Mac版がいいみたいということと、更新する時はバックアップをやっぱり先にしましょう。定期的にバックアップとりましょう。というのが教訓。

これで3時間も取られたーーーーーチクショウー

0PEOPLE