心は強くなるのだろうか

ゲームは好きだし、仕事はパソコンを使うし、コードや数値に対して拒否反応はない。数学は苦手だけど。

RPGゲームだったら、HP(ヒットポイント)という数値があり、それは生命力や体力を意味するものであり、それが攻撃を受けて減ってゼロになると、そのキャラクターは棺桶に入って神父様の元に届けられたり、リアリティを重視しているならその時点で冒険は終わる。肉体は何かのエサになるだろう。

そういうものに触れていると、大げさだけど現実とゲームの境目が曖昧になることがある。
パソコンを長時間使う制作人間ならあるあるだと思っているんだけど、リアルアンドゥしたくなってしまう時がそうだ。

それは工作作業時に起きやすい。
大切な書類をカッターで切っている時に失敗したら本気でアンドゥしたくなる。そしてそう思った瞬間(この世界にはないんだった。チクショー)と思ったことが何度かある。

困ったものだ。

ここまで書いて、心はゲームのように強くなるのか?疑問に思った。
なんでも無理に数値化したいわけではないけど、強くなったと実感するには数値化が手っ取り早い。
「君の心LVは1だから、この負荷に耐えられない」と分かった方がいいだろう。会社組織で言ったら、心LVが10以上ないと管理職は任せられない、なんてね。

胃が痛くなるような負荷を受けた時や、悲しくてたまらない出来事があった時、それを乗り越えたり、忘れるようにした時、心の経験値は貯まり、いつかLVが上がるのか?
そもそも心は強くなると言い切れるのか?
知識知恵経験が守っているだけじゃないのか?
どうかな。

こんなことを書いている今、精神的に追い込まれているから強くなりたいんだよね。

駄文にお付き合いありがとうございました。

0PEOPLE