ご心配ありがとうございます。

読者さんへのご報告になりますが、6月から新しい事業部に配属になり、そして昨日、部下が旦那さんの転勤と妊娠を機に退職となり、1人で仕事をしていくことになりました。あっ会社には所属しています。

 

 

いや〜・・・一人って大変ですね(笑)

先に言っておきますが、感傷に浸る時期は過ぎました。
年末に向かって、ご依頼の案件のことで頭がいっぱいです!!きっと!

依頼案件なので僕がやらなければ誰がやる!って案件ばかりですからね。

「部署・役職なんて関係ないじゃん。それに、その働き方って、あなたがやってきたことが間違っていないから、会社が認めているからでしょ。誰でもできるわけではないよ。認めてなければそんな働き方させないよ。」

と、お友達の社長さんに励まされることもありました。

 

 

7月前、社長に「人を入れるか?」と聞かれましたが慎重に考えています。

なぜなら部下の人件費を考えて事業を進めなければいけませんので迷います。コロンブスの卵みたいな。

出来る人、モチベーションが高い人がいたらいいのですが、ご縁があるまで1人でやろうかとか、考えています。

 

事業部長は、1つの事業を任されている者。求められるのは自部門の利益。避けて通っちゃダメです。

「楽しい、喜んでもらえた」は大切ですが、その先に利益がないと成り立ちません。

楽しいだけじゃ利益はでないです。でも、楽しくなければ続かない。

要はやり方とバランスですよね。人と仕事のバランスが悪く、人手が余るなら経費削減、そしてリストラも必要になるんでしょうね。

「お客さんの役に立てば、その結果儲かる」

「やり方が間違っているから赤字になる」

と、先生方は仰います。

私のやり方は間違っていたところもあったと思います。

だから自ら変えてみようと思ったのです。

 

 

先日、トイレで会ったエイジさんに、「一人ってどうっすか?大変ですか?」とお声がけいただきました。

その前の日は、教えてくれと聞きに来たつっちーに、「部下になりましょうか?」とお声がけいただきました。

なんだかんだ僕に興味があるみたいですね。

心からの心配はありがたいことです。

けれど、そうでもない興味本位のさぐりはもう十分です(笑)

 

久しぶりに1人で仕事をしていて強く実感しているのは、「1人のできることなんてちっぽけ」だってこと。

どうしても時間がかかってしまう。これはお客さんにも影響のあることです。改善しなければいけません。

 

 

もう失うものはありません。

この状況から学ぶこと、得るものはたくさんあります。

将来の仕事人生も含めて、自分のことだから自分で考えて自分で選んでいきます。

選択肢は自分で作るもの、勝ち取るもの。

 

 

今後ともよろしくお願いします。

0PEOPLE