やる理由が見つけられた人は幸せ

ウィザップセミナー2018が開催されました。

34名の方にご参加いただきました。

さらに今回は初めて営業以外の社員も参加しました。社内研修という名目です。10名ぐらいの意識の高い(多分)メンバーが自主的に参加してくれました。

学ぼうという意識より物珍しさがあったかもしれません。でも運命が変わったと思う。

お金を払って聞きに来ている方がいるのです。坪井先生の話が毎回聞けて羨ましいです、と外部の人に言われます。それだけ価値があるって分かっているでしょうか。タイトルが怪しいとか、そんな人の目を気にせず、参加された方の変化や行動を期待しています。

10人でしたが聞けた社員は運がいいと思います。この日のセミナーは熱がいつもと違ったから。来年ないかもしれないしね。

 

深沢さんの言葉もストレートでした。

「好きなことだけやって売上あがるなんて神さまかと思うんですね。だから、やりたくないSNSも死にものぐるいで頑張ったんです。」

「結局、僕は行動しただけです。」

これ、社員みんなに響けばいいなぁと思いました。
今まで通り、楽ばかり、それでは変わらないのです。

例えば、今の年収で本当にいいの?賞与もいいの?
もしかすると現社員97%はいまのままでもいいってことなのかな。
OKの選択をしていることに気付いているかどうか。

 

坪井先生の講演は、僕ら向けなのか?と思うぐらい、熱く 核心しかついてきませんでした。言葉遣いや、声に込めた力が、何度も聞いていますがいつもと違いました。

「でもねー。みんな、やりません。」

「やるための理由を見つけるのが先なんですよ。」

「ここまで言ってやらないのはもう知りませんよ。」

明らかに社員さんに向けていたと僕は思っています。

聞いた人の胸にどれだけ響いたのでしょうか。どう受け止めたのか、行動するのか。分からないし知る由もありません(レポートで少し分かるね♪)。

一人一人が行動すれば、他者にもそれは届きます。

 

でも、行動せーよって強制はできないことですよね。言っても続きません。
上長は部下がいたら部下に期待するけど、その人が期待通りに動くとは限りません。僕も3年やってよくわかりました。他人に期待するより、自分を鍛える方が先だ。

やる理由は自分で見つけるしかありませんが、やる理由を見つけている人は幸せだよなって思うんです。

0PEOPLE