朴訥なことが価値なのかもしれない

朝方、FBから通知が入っていました。

通知のリストを見ると、珍し過ぎるアイコン(投稿者)にびっくり。

エクスマ塾同期のコロンボ(ニックネームです)からコメントが入っていました。

 

少し前の投稿に対してなので、だーっと見てくれたんだろうと思います。

付けたコメントも書き直してくださいました。こちらが返事を考えていたら変わっていました。短いながらも真剣に考えていただいたことは、見ていますし気持ちは伝わってきます。

 

コロンボには塾の時お世話になりました。藤村先生の書籍に、事例紹介された方なんですよ。

僕のスライドでも何度か登場していただいていましたから(ごめんなさい無許可です。笑)

でも変化のキッカケとなったエピソードには必要不可欠でした。ありがとうごいます。

 

そんなコロンボのコメント。

響く文章を書けていないと書いた記事に対してなんですけど「むしろ今のスタイル が いいよ。」って。

驚いたけど嬉しかった。

 

「朴訥」というキーワード。

高井戸倶楽部で初講演した時からお付き合いが始まった、とある組織のトップの人にも言われました。

お二人にも言われたので、僕の魅力や価値の1つなんでしょうね。

僕は素直に褒め言葉と受け取っています。話は流暢ではないですしね(笑)

 

自分らしさってなんだろうと、時に悩むことが多いですよね?

僕の場合ですが、変に意識しなくてもらしさを勝手に感じてもらえている。

やっぱり、自分らしく信じた通りに生きていけばいいんだって思います。

時々間違ってしまうこともあるので信頼できる人のアドバイスには耳を傾けないとですけどね。

 

塾卒後かなりの年数が経って一度も会うことはなかったのですが、こうやってまだ繋がりがある。見てもらえることもある。

いや〜、SNSってほんといいですねぇ〜。それでは。

0PEOPLE