助手席の窓を開けて、運転席ドアをバタバタと開閉する

車の空気を入れ替える方法が有効だとわかりました。

 

 

少しの手間でそのあとが快適

 

実際にこの方法をとったところ、確かに見違える換気具合でした。

 

車に乗ったら助手席の窓を開け、運転席ドアをバタバタする。

パワーウィンドウのある車なら簡単なことですが、昔ながらの手回し式窓はちょっと手間がかかります。

 

それでもこの酷暑で、車内の空気はサウナ並。

 

多少の手間があってもやったほうがいいです。

 

 

対処しきれない「熱さ」も

 

しかしこの方法でも対処しきれないものが「熱さ」です。

日向の駐車場に停めた車は、直射日光で

ハンドル、シフトレバー、椅子などが「熱く」なってしまいます。

 

暑い空気を逃せても、熱くなった物まではすぐには冷やせないのです。

 

 

日光よけのカバーがいるかも

 

夏場は日光よけの銀色のカバーを常につけたほうがいいかもしれません。

 

0PEOPLE