焚き火がしたすぎるので過去の写真で気を紛らわせるブログ

どうも、焚き火がしたいと言い続けて233,2800秒、ちっひーです。

 

(30日が259,2000秒。)

 

今週は焚き火ができそうにありませんので、過去を振り返るブログです。

 

焚き火

 

 

フリー素材ではありません。

自分で焚き火をした時に撮影した写真です。

 

火を見ていると落ち着きます。

目のちょっと上のあたりがぼわ〜としてきて、涙が出る直前のような状態でうとうとするようなあの感覚。

 

無限に姿形を変える火を眺め続ける、幸せな時間です。

 

 

 

 

 

焚き火台を手に入れて、焚き火の幅はぐっと広がりました。

 

ちなみにこれはコメリで6000円くらい? の焚き火台です。

新潟にはsnow peakというスゴイ企業があり、そこの焚き火台は折り畳んだら一枚の平面になるコンパクトなものなのですが、いかんせん私にはまだ手が出せないものでした。

 

しかし、この焚き火台も性能は十分です。

コンパクトではないのですが、灰受けロストル、五徳、鍋用のロストル、グリルが標準装備されています。

焚き火を収める部分も深く、初心者でも安全に焚き火ができます。

 

 

 

工夫次第で、いろいろなことができます。

 

 

 

 

 

小さくなっていくその瞬間まで、焚き火は愛おしいです。

 

 

0PEOPLE