DXってなんだ?:メールを使ったり、請求書をPDFで送ったり、チャットツールを使うことではない

 

どうも、DXの波に乗り遅れているちっひーです。

 

DX(デジタル・トランスフォーメーション)、日本語では「デジタルによる変革」などと言われる概念です。

 

これがなんなのか、ちゃんとは知らなかったのでちょっとググってみました。

 

DXを最初に提唱したのは、スウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授で、「IT技術の浸透が、人々の生活をあらゆる面でよい方向に変化させる」と発表しました。

引用元はこちら

 

DXとは、単にIT技術を用いたツール(メールとかslackとか、何かしらの管理システムとか流行りのHRテックとか)を導入することではないそうです。

 

 

  • 今までにない製品やサービス、ビジネスモデルを作り出す
  • 生産性の向上、コスト削減、時間短縮などのメリットをもたらす
  • 働き方を改善する

 

こういった目的を達成するためにデジタル技術を使っていくのが、DXだそうです。

 

デジタル技術を使うことが目的なのではなく、デジタル技術を使って社会や仕事や暮らしを変革する、というのが目的です。

デジタルを使うのはあくまで手段、デジタル技術とは単なる道具、ということですね。

 

 

先ほども引用したこちらの記事「デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?DXをわかりやすく解説」は、

DXのことを知らない人のためのいい情報が載っています。

 

 

「DX」これはもう知ってて当然くらいの単語になっていますので、

好き嫌いではなく、単純に知っておいた方が良い知識と言えそうです。

 

 

 

0PEOPLE